出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「どういうことできるか楽しみ」 本庶氏、ノーベル授賞式へ出発

授賞式と晩さん会について質問を受け、ほほえむ本庶佑・京都大特別教授(5日午前10時5分、大阪府・関西空港)
授賞式と晩さん会について質問を受け、ほほえむ本庶佑・京都大特別教授(5日午前10時5分、大阪府・関西空港)

 ノーベル医学生理学賞を受賞する本庶佑(ほんじょたすく)京都大特別教授(76)が5日午前、授賞式に出席するためスウェーデン・ストックホルムへ出発する前に、関西国際空港(大阪府)で記者会見した。「昨日までかかったが準備できることは準備してきた。自分の講演も7日にあるし、どういうことができるか大変楽しみ」と抱負を語った。

 ストックホルムでは、恒例の「ノーベルウイーク」の公式行事が現地時間の5日以降順次行われ、授賞式は10日午後4時半(日本時間11日午前0時半)から開かれる。ほかにも本庶氏は受賞記念講演や晩さん会などに臨み、14日に帰国する予定。

1

【 2018年12月05日 10時05分 】

ニュース写真

  • 授賞式と晩さん会について質問を受け、ほほえむ本庶佑・京都大特別教授(5日午前10時5分、大阪府・関西空港)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース