出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「世界で3ポイント決める」 注目のバスケU16少年シューター

バスケットボール男子U16の日本代表選手に選ばれた大西さん(亀岡市篠町・詳徳中)
バスケットボール男子U16の日本代表選手に選ばれた大西さん(亀岡市篠町・詳徳中)

 バスケットボール男子U16(16歳以下)の日本代表選手に、京都府亀岡市の詳徳中3年大西一輝さん(15)が選ばれた。3ポイントシュートが持ち味で、8月の「全国中学校体育大会」では、1試合の個人得点でトップを記録した。海外遠征を前に「世界でも確実に決める」と語る。

 大西さんは小学2年からバスケットボールを始め、小学校のミニバスチームで活躍してきた。自宅前に設置したゴールポストでも自主練習を重ね、シュートの腕を磨いた。シューティングガードという得点を稼ぐ役割を担う。

 全国大会では、1試合の個人得点、個人平均得点、3ポイント平均成功本数とも全出場選手の中で1位だった。11月に開かれた代表選考合宿でも、シュート力を発揮。高い評価を受け、府内で唯一代表選手に選ばれた。

 現在の身長は183センチで、まだ伸び盛り。将来はプロ選手を目指しているといい、大西さんは「代表に選ばれ、とてもうれしい。チームの一員として、全力を出したい」と話す。

 U16チームは、日本バスケットボール協会(東京都)が、選手強化のために全国から12人選抜している。来年1月にチェコに遠征するほか、夏から秋にかけて開催予定のアジア選手権に出場する。

【 2018年12月05日 11時50分 】

ニュース写真

  • バスケットボール男子U16の日本代表選手に選ばれた大西さん(亀岡市篠町・詳徳中)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース