出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「こんなに痛いんだ」。自傷の弟みつめた女子中学生に賞

チョコレートケーキを宗汰君(左)に分ける中林さん=向日市上植野町
チョコレートケーキを宗汰君(左)に分ける中林さん=向日市上植野町

 自閉症の弟について書いた京都府向日市の女子中学生の作文が、府の「障害者週間体験コンクール」で最優秀賞に選ばれた。タイトルは「普通」。弟の自傷行為や発達の遅れを見つめた日々をつづる。「障害がある人は、変わった人じゃなくて、当たり前が違うだけ」

 「ガンガン!」。向日市上植野町の勝山中2年中林静花さん(14)の作文は、弟の宗汰君(7)が額を床に打ち付けるシーンから始まる。当時1歳にもなっていなかった。「一番衝撃的だった。床との間に手を出して守ろうとしたけど、こんなに痛いんだって思った」

 一緒に遊び、時には2人が大好物なチョコレートケーキを取り合ってけんかもする毎日。同年代の子どもに比べて宗汰君の発達が遅いことに、中林さんは気づく。自問した答えは「変わっているように見えても、ほかの人にとって当たり前にできることが違うだけ」。優劣ではなく「違い」という言葉を使った。

 「本人は気にせず楽しそう。だから私も何とも思わない。弟がいたから分かった」。障害のある人と実際に接する人が増え、世間の偏見が変わることを願っている。

 受賞が決まった日、お祝いに買ってもらったチョコレートケーキを弟にも分けた。「宗汰が選ばれたようなものだから」

◇中林静花さんの作文(一部抜粋)

 「ガンガン!」私の弟が自分のおでこを床に打ちつける音だ。私の弟は自閉症である。額を衝撃から守ろうと手をさしのべると、あまりの強さに涙が出る程だ。なんだか周りと「違う」。私の弟が自閉症だと分かってから、障がい者に対する私の考えが変わった。

 普通とは、自分から見た「当たり前」だと思う。勉強が得意な子はテストで90点は当たり前。不得意な子は50点ぐらいが当たり前。「私たちと違う」と思うのは、私たちと障がい者の方たちとの普通に、大きな違いがあるからだ。悪い違いではない。

 私の弟は何か難しい課題があった時、「やって」ではなく「手伝って」と助けを求める。私が終わらせようとすると、「もういい、手伝い終わり」と言われる。弟にも自分で成し遂げたい気持ちがある。障がい者の方のやる気や自尊心を失わないようにサポートするのが大事ではないか。

【 2018年12月22日 16時20分 】

ニュース写真

  • チョコレートケーキを宗汰君(左)に分ける中林さん=向日市上植野町
  • おもちゃで遊ぶ宗汰君(左)を優しく見守る姉の静花さん
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース

    全国のニュース