出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

サンガ番記者通信:インフル禍、ルーキー2人キャンプ離脱

 全国的に大流行しているインフルエンザが、サンガにも襲いかかっている。U-18から昇格したルーキーのMF福岡とFW服部が発症し、5日に沖縄を離れた。

 1月には実好コーチもかかった。予防接種など対策には気を配っていたはずだが、クラブのスタッフは「どこでうつされたのだろう。キャンプを一緒に過ごせないのは残念」。

 現在は全員がタミフルを服用して予防に努めている。

【 2019年02月07日 11時10分 】

岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース

    全国のニュース