出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

基本給6万円で残業時給400円 ベトナム人技能実習生申し立て

京都地裁
京都地裁

 京都府福知山市の縫製加工会社で働いていたベトナム人技能実習生の女性(39)が4日、最低賃金未満で長時間働かされたとして、未払い賃金250万円と慰謝料など110万円を会社に求め、京都地裁に労働審判を申し立てた。

 申立書などによると、2017年7月に働き始めた女性の基本給は6万円で、おおむね1日約5時間、時給400円で残業させられた。会社側はパスポートを取り上げ、貯金を強制して通帳を預かった。18年7月ごろまでこうした状態が続いた、としている。

 支援する労働組合「きょうとユニオン」(京都市南区)は同日、会社が団体交渉を拒否したなどとして、府労働委員会に不当労働行為の救済を申し立てた。

 女性の代理人を務める塩見卓也弁護士は会見で、「人を人として扱えと言いたい。技能実習制度は、何重にも不当なことが起こり得ることを示している」と話した。福知山市の会社は「こちらはまともにやっている」としている。

【 2019年03月04日 18時07分 】

ニュース写真

  • 京都地裁
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース

    全国のニュース