出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「武豊騎手の馬が勝つ」元調教師かたり詐欺 実際はレースもなし

京都府警東山署
京都府警東山署

 競馬の武豊騎手の親類で元調教師の武宏平さんになりすまし、馬券購入代名目で現金をだまし取ったとして、東山署は12日、詐欺の疑いで、住所不定、無職の男(72)を逮捕した。

 逮捕容疑は1月8日、京都市東山区の飲食店で、元調教師を名乗り、店員の男性(50)に「12日に開催される東京競馬場の第1レースは、武豊騎手が騎乗するメジロカムイが間違いなく勝つ」とうそを言い、男性の馬券購入代名目で現金2万円をだまし取った疑い。

 同署によると、男は男性に「日本中央競馬会 調教師 武宏平」と書かれた名刺を手渡していた。メジロカムイは登録が抹消され、東京競馬場ではレースも実施されていなかったという。

 祇園や木屋町地域の飲食店で1月以降、店員らが同じ手口で現金をだまし取られる被害が数件あり、東山署が関連を調べている。

【 2019年03月12日 19時18分 】

ニュース写真

  • 京都府警東山署
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース