出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都に乗り降り自由2階建てオープンバス 桜や名所楽しむ

青空の下、観光地を巡るスカイホップバス京都(13日午前11時53分、京都市左京区・平安神宮大鳥居前)
青空の下、観光地を巡るスカイホップバス京都(13日午前11時53分、京都市左京区・平安神宮大鳥居前)

 乗り降り自由な周遊型の路線バス「スカイホップバス京都」が13日、京都市内で運行をスタートした。訪日観光客らが早速、2階建てのオープンバスに乗り、散り始めた桜の花や名所巡りを楽しんだ。

 バス大手の日の丸自動車興業(東京)、JTB(同)、京阪バス(京都市南区)が設立した新会社スカイホップバスマーケティング(東京)の運営。明星観光バス(山科区)が運行する。

 路線はJR京都駅(下京区)を起点に、二条城、金閣寺、平安神宮などを循環する23・7キロメートル。午前9時~午後5時を30分間隔で運行し、11の停留所で自由に乗り降りできる。1日(24時間)券は3500円。初年度5万人の利用を見込み、地元住民が利用する路線バスの混雑緩和にもつなげる。

 この日、新会社の富田浩安社長(日の丸自動車興業社長)は「楽しくすぐに観光スポットに行ける」とPR。運行前に関係者が、平安神宮の大鳥居をくぐったり、桜並木を間近に眺めたりする試乗を体験した。今後、府内の観光地を周遊する割引チケットの発行や停留所の追加、増便も検討する。

【 2019年04月13日 18時34分 】

ニュース写真

  • 青空の下、観光地を巡るスカイホップバス京都(13日午前11時53分、京都市左京区・平安神宮大鳥居前)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース