出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

事故再現のスタント死亡受け 高校の交通教室中止に 京都府

京都府庁
京都府庁

 京都市主催の交通安全教室で交通事故を再現中のスタントマン=当時(34)=が死亡した事故を受け、京都府は本年度中に府内の高校で計3回予定していた事故の再現を盛り込んだ交通安全教室の中止を決めた。

 京都府も事故を再現する交通安全教室を2016年度に導入し、これまでに府内の高校で計8回実施した。出合い頭や巻き込みなどの事故を再現し、生徒たちに事故の恐怖を実感させ、交通ルールの大切さを教えてきたという。

 京都府主催の教室でこれまでに事故は起きていないが、府安心・安全まちづくり推進課は「生徒の心への影響や安全面を考慮し、本年度は中止する」としている。

 

【 2019年04月15日 20時18分 】

ニュース写真

  • 京都府庁
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース