出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

世界の帆船一堂に 模型愛好家ら作品展、数年がかりの大作も

精巧な帆船模型が並ぶ会場(京都市中京区、ギャリエヤマシタ)
精巧な帆船模型が並ぶ会場(京都市中京区、ギャリエヤマシタ)

 京都帆船模型俱楽部(くらぶ)は、京都市中京区寺町通三条上ルのギャリエヤマシタで作品展を開いている。欧米の船を精巧に再現した力作が並んでいる。

 メンバー16人の34点を展示した。17~19世紀に周航していた船を中心とする模型は、大きいもので全長1メートルを超える。市販キットを使用せず、細かい部品からすべて手作りした作品もある。

 顧問を務める尾﨑末造さん(86)=上京区=の「ロイヤル・キャロライン」は、英国の王室が乗っていた。大砲や装飾品など細部に至るまで時代背景を考えて木を削るなど数年かけて制作したという。「実際に動いていた頃の歴史を勉強するのも、模型を作る楽しみの一つだ」と話す。

 28日まで。午前11時から午後6時(最終日は午後4時)。無料。

【 2019年04月24日 09時39分 】

ニュース写真

  • 精巧な帆船模型が並ぶ会場(京都市中京区、ギャリエヤマシタ)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース

    全国のニュース