出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ボルトン米補佐官、日韓歴訪へ
対イラン有志連合協議か

 ボルトン米大統領補佐官(ロイター=共同)
 ボルトン米大統領補佐官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は20日、日韓歴訪のために米国を出発した。国家安全保障会議(NSC)のマーキー報道官がツイッターで発表した。日本政府高官との会談では、緊迫するイラン情勢をにらみ米国がホルムズ海峡の安全確保のために結成を目指す有志連合構想が議題になるとみられる。

 報道官は「重要な同盟国であり友人である日韓両国との対話の継続」が歴訪の目的だと強調した。

 トランプ大統領は19日、元徴用工問題や日本による半導体材料の輸出規制強化などで険悪化する日韓関係の仲介をしてもいいと語っている。

【 2019年07月21日 07時46分 】

ニュース写真

  •  ボルトン米大統領補佐官(ロイター=共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース