出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

響け!京アニ応援 甲子園で立命館宇治の吹奏楽部が演奏

立命館宇治高の吹奏楽部が演奏を繰り広げる応援スタンド(13日、兵庫県西宮市・甲子園)
立命館宇治高の吹奏楽部が演奏を繰り広げる応援スタンド(13日、兵庫県西宮市・甲子園)

 「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)が宇治を舞台に、吹奏楽に青春を懸ける高校生を描いたアニメ「響け!ユーフォニアム」。放火殺人事件で甚大な被害を受けた同社を応援する思いを込めて13日、全国高校野球選手権大会(甲子園球場)の2回戦に臨む立命館宇治高(宇治市)のスタンドで、吹奏楽部がアニメ主題歌を響かせた。部員は「自分たちにできるのは精いっぱい演奏すること。京アニが良い作品を作っているということを、全国の人に伝えたい」と願う。

 「響け!ユーフォニアム」は、劇中歌を地元宇治の中高が演奏するコンサートが開かれたりするなど、アニメの枠を超えて人気が広がっている。

 甲子園で演奏するのは、2015年のテレビ放送のオープニング曲「DREAM SOLISTER」。野球部が京都大会で優勝した7月28日に、市民から「甲子園の演奏で、京アニを応援できないか」との要望が学校に寄せられた。吹奏楽部は、野球部の1回戦と日程が重なった7日の府吹奏楽コンクールに向けた練習の真っ最中だったが、部員が「やりたい」と声を上げ、演奏が決まった。

 立命館宇治は3―6で星稜(石川)に敗れ、3回戦進出を逃した。

【 2019年08月13日 11時40分 】

ニュース写真

  • 立命館宇治高の吹奏楽部が演奏を繰り広げる応援スタンド(13日、兵庫県西宮市・甲子園)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース