開催概要

 TOC(Theory Of Constraints:制約条件理論)は、イスラエル人物理学者のE.M.ゴールドラット博士が1974年に開発した生産管理用ソフトの基になっている理論で、1984年にゴールドラット博士が出版した「The Goal」で、理論体系が公開され、SCM(サプライチェーンマネジメント)が国内の産業界で注目され始めた1990年代後半より、SCMを最適化するための手法として、国内の産業界に浸透してまいりましたが、近年、IoTやAI等の急速な技術革新の中、人と設備の最適化を含めて、その重要性がますます高まっております。

 

 このような中、今年度・管理スクール「生産管理(TOC)コース」は、「TOCの理解と生産管理への実践活用」テーマに、マスク着用及び手洗い等による感染防止に努めつつ、オンライン開催も行う等、コロナ感染防止に努め万全の態勢で実施させていただきます。

 

 貴社・関係部門各位のご参加をお勧めいたします。


開催日程    

2021/9/27(月) 18:00 ~ 20:30


対象

生産管理部門の実務家又はリーダー
生産管理を通じてTOC理論を学びたい方


会場  

京都工業会・会議室(講義5回、事例紹介1回)(一部、ZOOM参加も可)
講師    講師 日新電機株式会社 情報システム部 部長 高橋浩史氏

<ご紹介>
 日新電機㈱生産技術部にて管理技術(IE&IT)を中心とした業務改革活動と社内セミナー講師を担当後、海外工場の生産管理を中心とした業務フローの構築や物流業務刷新による大幅な物流コストの低減に貢献する。近年は同社のグループ企業を含めたビジネスプロセスの構築及び基幹システムの全面刷新を実現。現在、国内外の関係会社を含めた業務改革を推進中。
 平成16年度より本会・生産管理研究会アドバイザーに就任。


申込方法 

添付申込書に必要事項を明記し、9月21日(火)までにFAX(075-353-0065)にてお申込願います。下記フォーマットからもお申込みいただけます。


申し込み期限  

 2021/9/21(火)


お問い合わせ先    
 公益社団法人 京都工業会  業務課長 宮 田哲也
〒6 00 80 09 京都市 下京区四条通室町東入函谷鉾町 78 (京都経済センター6 F
(TEL)075-3 53-006 1

(FAX)075-3 53 -0 065
( E メール) m iyata@kyok ogyo.or.jp


開催日程・内容
■ 2021/9/27(月) 18:00 ~ 20:30
No    開催日    テーマ名    内容


1  

9/27(月)
ZOOM参加可
モノづくりにおける生産管理の役割    ・売り方/作り方/買い方
・部分最適と全体最適
・利益に直結する仕組みと定石
・生産管理部門の役割と機能


2 

10/4(月)
ZOOM参加可
企業活動における問題構造分析    ・職場の課題/問題点の整理
・問題構造ツリー作成
・対立する顧客と自社の立場

10/7(木)    TOC概要と生産管理適用1
 ~スループット最大化の方程式~    ・生産管理と原価管理
・原価低減 ≠ 企業利益
・制約工程の最大活用(演習)


10/11(月)
ZOOM参加可
TOC概要と生産管理適用2
 ~生産L/T短縮の方程式~    ・同期生産/クリティカルチェーン
・工場分類による管理ポイント
・物理制約/市場制約/方針制約

 

10/14(木)
ZOOM参加可
改革シナリオと各社への展開    ・「The Goal」から学ぶTOC事例
・生産管理研究会からの事例紹介
・参加企業ディスカッション
・今後の方向性(IoT、AI等)


 10/26(木)
ZOOM参加可
事例紹介「事業改革におけるTOC理論実践のポイント」と懇談
株式会社 村田製作所 野洲事業所 モノづくり強化推進部エキスパート 鈴木敏之氏
           
 
*プログラムは、参加者の意向により、若干変更になる場合もあります.

 

京都工業会の詳しい案内はこちら

https://www.kyokogyo.or.jp/seminar_detail.php?id=223