京都市内

特集展示  仏像ひな型の世界 シリーズ展6 「仏教の思想と文化」

Twitter Facebook Hatena
 仏師たちが仏像などをつくる際に使用した「雛型(ひながた)」と呼ばれる模型。本展では、京都仏師を代表する七条仏師が制作した雛型など約60点を展観、当時の仏師の卓越した技術を紹介します。本展はシリーズ展6「仏教の思想と文化」の特集展示として開催します。

会期
 【前期】1月9日(木)~2月9日(日)【後期】2月22日(土)~3月22日(日)午前10時~午後5時(入館は閉館30分前まで)。月曜休館(1月13日、2月24日は開館)

会場
 龍谷大学 龍谷ミュージアム(京都市下京区堀川通正面下ル、西本願寺前)

内容
 作品が実存する雛型をはじめ、京都仏師の畑治良右衛門が受け継いできた雛型などを展観

ワークショップ ※ワークショップは定員に達し、申込受付を終了いたしました。
 「仏像制作を体験してみよう」2月23日(日・祝)午前10時30分、午後2時の2回(約2時間、各回先着15人)。講師は吉水快聞氏(彫刻家・仏師)。参加費2000円(観覧料別)。事前申込み、当日の観覧券が必要。詳細は龍谷ミュージアムホームページをご覧ください

入館料
 一般550(450)円、シニア450(350)円、大学生400(300)円、高校生300(200)円。かっこ内は20人以上の団体料金。中学生以下は無料、シニアは65歳以上。

主催
 龍谷大学 龍谷ミュージアム、京都新聞
Web
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/115466

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

皇后杯第38回全国都道府県対抗女子駅伝(2020年1月12日 京都市内)
皇后杯第38回全国都道府県対抗女子駅伝(2020年1月12日 京都市内)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース