滋賀県内

江戸時代の琵琶湖水運 -大津百艘船の航跡-

Twitter Facebook Hatena
 江戸時代の大津は、琵琶湖水運によって諸大名の年貢米や物資が各所から中継される一大集積地でした。その中心的役割を担ったのが「大津百艘船」と呼ばれる船持ち仲間集団でした。本展では、その仲間に保有されてきた資料群が、国の重要文化財に指定されたことを記念して、大津百艘船の活動や記録類を中心に、琵琶湖水運の歴史を紹介します。

会期
 2月29日(土)~4月12日(日)午前9時~午後5時(入館は閉館30分前)。月曜休館

会場
 大津市歴史博物館(大津市御陵町)077(521)2100

入場料
 一般600(480)円、高・大生300(240)円、小・中生200(160)円。かっこ内は前売りおよび15人以上の団体、大津市内在住の65歳以上の方と障がい者の方など

主催
 大津市、大津市教育委員会、大津市歴史博物館、京都新聞

後援
 NHK大津放送局、BBCびわ湖放送、エフエム滋賀ほか

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

嵐電・桜のトンネル(2020年3月28日 京都市右京区)
嵐電・桜のトンネル(2020年3月28日 京都市右京区)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース