京都市内

椿、咲き誇る  ―椿を描いた名品たち―

Twitter Facebook Hatena
 日本を代表する美しい花木として古くからめでられてきた「椿(つばき)」は、吉祥の花として多くの絵画や工芸品のモチーフに取り上げられています。本展では椿の作品収集で知られるあいおいニッセイ同和損保コレクションから、椿を描いた名品を紹介します。

会期
 4月3日(土)~5月23日(日)午前9時30分~午後5時(入館は閉館30分前)。月曜休館(ただし5月3日は開館)

会場
 京都府立堂本印象美術館(京都市北区平野上柳町)

内容
 尾形光琳、乾山兄弟たちの工芸品、横山大観や村上華岳、徳岡神泉らの日本画、さらに岸田劉生、鳥海青児、熊谷守一たちの洋画も合わせ、椿がテーマの作品57点を展示

入館料
 一般510(400)円、高・大生400(320)円、小・中生200(160)円。かっこ内は20人以上の団体料金

主催
 京都府、京都府立堂本印象美術館、京都新聞

おことわり
 2020年春に新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止した展覧会を改めて開催します
Web
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/541093

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

鴨川をどりリハーサル(2021年4月14日 京都市中京区・先斗町歌舞練場)
鴨川をどりリハーサル(2021年4月14日 京都市中京区・先斗町歌舞練場)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース