京都市内

京のくらし-二十四節気を愉しむ

Twitter Facebook Hatena
 日本では、くらしを彩る芸術の中に自然をさまざまな形で取り入れてきました。特に京都は、くらしと自然と芸術が密接な関係を築いてきた街として、今も人々を魅了しています。本展では、二十四節気という季節の区分に沿って、京のくらしと自然、芸術の豊かな関わりを体感できることでしょう。

会期
 7月23日(木・祝)~9月22日(火・祝)午前9時30分~午後6時、金曜日と8月16日(日)は午後8時(入館は閉館30分前まで)。月曜休館(ただし、8月10日、9月21日は開館、8月11日は休館)

会場
 京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎公園内)

内容
 二十四節気に沿って、自然現象、草花や生物、祭り、行事などを同館コレクションから厳選した美術・工芸作品を通して紹介します

入場料
 一般1000(800)円、大学生500(400)円、高校生以下・18歳未満は無料。かっこ内は20人以上の団体および夜間割引(金曜午後5時以降)

主催
 京都国立近代美術館、京都新聞、NHK京都放送局、KBS京都

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

祇園祭の安全を祈願(2020年7月2日、京都市東山区・八坂神社)
祇園祭の安全を祈願(2020年7月2日、京都市東山区・八坂神社)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース