京都市内

深堀隆介 ~金魚愛四季~

Twitter Facebook Hatena
 透明樹脂にアクリル絵の具を使って金魚を描く、という斬新な技法で注目を集める現代美術家・深堀隆介。その金魚は、圧倒的な立体感で見る者に迫ります。本展では金魚に魅せられて創作を続ける深堀隆介の世界を紹介します。

会期
 7月29日(水)~8月10日(月・祝)午前10時~午後8時。最終日は午後5時まで(入場は閉場30分前)

会場
 大丸ミュージアム京都(大丸京都店6階)

内容
 金魚を四季で表現する展示をはじめ、初期の作品を含む代表作約100点を紹介。展覧会限定ショップでは、画集やオリジナルグッズなどを販売します

入場料
 一般900(700)円、高・大生700(500)円、中学生以下無料。かっこ内は10人以上の団体。前売り券の販売はありません

主催
 金魚愛四季実行委員会、京都新聞

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

祇園祭の安全を祈願(2020年7月2日、京都市東山区・八坂神社)
祇園祭の安全を祈願(2020年7月2日、京都市東山区・八坂神社)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース