京都市内

瑞獣伝来-空想動物でめぐる東アジア三千年の旅

Twitter Facebook Hatena
 古来より東アジアでは、吉祥をもたらすとされた動物―瑞獣(ずいじゅう)が重要なモチーフとして、さまざまな美術工芸に用いられ、その姿は想像力豊かに表現されてきました。本展では数ある瑞獣たちの中から、龍・鳳凰(ほうおう)・虎を取り上げ、その謎と歴史を紹介します。

会期
 9月12日(土)~10月18日(日)午前10時~午後5時(入館は閉館30分前)。月曜日(9月21日は開館)、9月23日休館

会場
 泉屋博古館(京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24)

内容
 重要文化財の海北友松「雲龍図」、狩野探幽「桐鳳凰図屏風」、円山応挙「虎図」など、瑞獣を表現したえりすぐりの美術作品を展示

入場料
 一般800円、高・大生600円。中学生以下と障害者手帳提示の方は無料

イベント
 (1)クロストーク「瑞獣ってなに? 動物学者と考古学者の対話」▽講師=坂本英房氏(京都市動物園園長)、山本尭氏(泉屋博古館学芸員)▽9月21日午後2時~、同館講堂▽定員40人(2)記念講演会「龍―天地を結ぶもの」▽講師=小南一郎氏(同館名誉館長)▽9月26日午後1時30分~、同館講堂▽定員40人※いずれも要入館料、要予約=075(771)6411

主催
 泉屋博古館、京都新聞、毎日新聞社
Web
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/356937

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

アサギマダラ飛来(2020年9月28日 京都市右京区)
アサギマダラ飛来(2020年9月28日 京都市右京区)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース