京都市内

人間国宝 森口邦彦 友禅/デザイン 交差する自由へのまなざし

Twitter Facebook Hatena
 友禅の技法で重要無形文化財保持者(人間国宝)として認定を受けている森口邦彦氏は、パリで学んだグラフィック・デザインの思考と幾何学文様を大胆に組み合わせ、伝統的な友禅にとどまらない新しい創作の可能性をひらいてきました。本展では友禅とデザイン、伝統と現代、東洋と西洋などが交差して生まれる森口氏の創作活動の全貌を紹介します。

会期
 10月13日(火)~12月6日(日)午前9時30分~午後5時、金・土曜日は午後8時(入館は閉館30分前まで)。月曜休館(ただし、11月23日は開館、11月24日は休館)

会場
 京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎公園内)

内容
 友禅着物 白地位相割付文「実り」をはじめとする着物制作から三越のショッピングバッグなどのデザインワークまで、森口氏の創作活動を紹介

入場料
 一般1000(800)円、大学生500(400)円、高校生以下・18歳未満は無料。かっこ内は前売りと20人以上の団体および夜間割引(金・土曜午後5時以降)

主催
 京都国立近代美術館、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、京都新聞、日本経済新聞社

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

南極観測船「しらせ」が入港(2020年9月18日、京都府舞鶴市)
南極観測船「しらせ」が入港(2020年9月18日、京都府舞鶴市)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース