滋賀県内

大津市歴史博物館開館30周年記念企画展 聖衆来迎寺と盛安寺 -明智光秀ゆかりの下阪本の社寺-

Twitter Facebook Hatena
 明智光秀が築いた坂本城周辺は比叡山の麓であることから、天台宗の古寺が点在しています。国宝六道絵をはじめとする寺宝が所蔵され、近江の正倉院と呼ばれている聖衆来迎寺や、近江を代表する十一面観音立像などが伝わる盛安寺が著名です。本展では、それら光秀ゆかりの下阪本の社寺が所蔵する約160点の文化財を紹介します。

会期
 10月10日(土)~11月23日(月・祝)午前9時~午後5時(入館は閉館30分前)。月曜(11月23日は除く)と11月4日(水)休館

会場
 大津市歴史博物館(大津市御陵町)077(521)2100

入場料
 一般800(640)円、高・大生400(320)円、小・中生200(160)円。かっこ内は前売りおよび15人以上の団体、大津市内在住の65歳以上の方と障がい者の方など

主催
 大津市、大津市教育委員会、大津市歴史博物館、京都新聞

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

ビワマスの養殖用の採卵がピーク(2020年10月22日、滋賀県米原市)
ビワマスの養殖用の採卵がピーク(2020年10月22日、滋賀県米原市)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース