京都市内

栖鳳の時代 ~匂いまで描く

Twitter Facebook Hatena
 京都が生んだ日本画の天才、竹内栖鳳は日本画や西洋画のさまざまな技法を学び、画面上から匂いや音、湿気までも感じさせる独特な画風で一世を風靡(ふうび)しました。かつてアトリエがあった嵐山の地で、栖鳳を身近に感じながら本展をお楽しみください。

会期
 前期2021年1月30日(土)~3月1日(月)▽後期3月3日(水)~4月11日(日)午前10時~午後5時(入館は閉館30分前まで)。火曜日休館(2月23日は開館、24日休館)

会場
 福田美術館(京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町)

内容
 栖鳳の動物画、風景画の大作をはじめ、師である幸野楳嶺や四天王と称された同輩たち、また個性豊かな栖鳳の教え子らの作品も紹介します

入館料
 一般・大学生1300(1200)円、高校生700(600)円、小中生 400(300)円。かっこ内は、20人以上の団体料金。嵯峨嵐山文華館との2館共通券あり

主催
 福田美術館、京都新聞

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

サンガ全体練習始動(2021年1月20日 京都府城陽市・サンガタウン城陽)
サンガ全体練習始動(2021年1月20日 京都府城陽市・サンガタウン城陽)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース