滋賀県内

神業ニッポン・明治のやきもの -幻の横浜焼・東京焼-

Twitter Facebook Hatena
 1859年の横浜開港により、日本中から横浜や東京に集まった陶磁器業者が工房や店を設け、外国人向けの「横浜焼・東京焼」が誕生しました。華やかな装飾で精緻を極めた品々をご覧ください。

会期
 3月20日(土・祝)~6月6日(日)午前9時30分~午後5時(入館は閉館30分前)。月曜休館(5月3日は開館、6日休館)

会場
 滋賀県立陶芸の森陶芸館(甲賀市信楽町勅旨)0748(83)0909

内容
 「幻の陶磁器」と呼ばれる「横浜焼・東京焼」の名品約140点を一堂に紹介し、超絶技巧で知られる「職人技」の魅力に迫ります

入場料
 一般700(560)円、高大生520(420)円、中学生以下無料。かっこ内は20人以上の団体料金

主催
 滋賀県立陶芸の森、京都新聞

協力
 神奈川新聞社

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

上賀茂神社の桃花神事(2021年3月3日 京都市北区)
上賀茂神社の桃花神事(2021年3月3日 京都市北区)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース