京都市内

春の特別拝観 宝厳院

Twitter Facebook Hatena
 京都市右京区の天龍寺塔頭の宝厳院で、春の特別拝観が開催される。同寺は特別拝観の期間以外は参拝できない。

 特別拝観で公開される庭園「獅子吼(ししく)の庭」は、室町時代に中国に2度渡った禅僧、策彦周良(さくげんしゅうりょう)禅師によって作庭され、嵐山の景観を巧みに取り入れた借景式山水回遊庭園。その名にある「獅子吼」とは「仏が説法する」の意味という。

 また、画家・壁画家の田村能里子さんによる本堂襖絵「風河燦燦三三自在」も特別公開する。

日時
 3月20日(土・祝)~6月末(予定)午前9時~午後5時 

住所
 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36

拝観料
 500円(弘源寺=天龍寺塔頭=割引共通券900円)

(写真は宝厳院提供)

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

世界初、血液からアルツハイマー型認知症の兆候捉える装置(2021年6月22日 京都市中京区・島津製作所)
世界初、血液からアルツハイマー型認知症の兆候捉える装置(2021年6月22日 京都市中京区・島津製作所)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース