京都市内

第50回 日本伝統工芸近畿展

Twitter Facebook Hatena
 世界に誇れる日本の伝統工芸の粋を公募し展観してきた日本伝統工芸近畿展が50回を迎えます。人間国宝の作品はじめ、日本工芸会近畿支部会員と近畿在住の一般作家の入選作221点を一堂に展観します。

会期
 4月14日(水)~19日(月)午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉場、入場は閉場30分前まで)※都合により変更となる場合があります。最新の情報は京都高島屋のホームページをご覧ください

会場
 京都高島屋7階グランドホール

展示内容
 鑑査を通過した陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の作品

入賞作品
 京都新聞賞「蒔絵螺鈿飾箱」=写真=浅井康宏▽第50回記念日本伝統工芸近畿賞「朴拭漆飾箱」江元遥▽京都府教育委員会教育長賞「神代欅唐木寄木十二角の箱」市川正人▽滋賀県知事賞「木芯桐塑紙貼〔十三夜〕」満丸正人-など20点

入場料
 一般500(300)円、大学生以下無料。かっこ内は前売りおよび団体(10人以上)※事前予約なしで入場できますが、スムーズな入場のため、ホームページでの事前予約をご利用ください

主催
 京都府教育委員会、大阪府教育委員会、奈良県、滋賀県、日本経済新聞社、京都新聞、日本工芸会、日本工芸会近畿支部

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

鴨川をどりリハーサル(2021年4月14日 京都市中京区・先斗町歌舞練場)
鴨川をどりリハーサル(2021年4月14日 京都市中京区・先斗町歌舞練場)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース