京都市内

春期特別公開 東寺

Twitter Facebook Hatena
 京都市南区の東寺で、2021春期特別公開が開催される。宝物館で「平安時代の東寺 –真言密教の根本道場–」と題し、平安時代の東寺の建物や法会(ほうえ)、僧侶の組織に焦点をあて、東寺の寺宝のなかから国宝「五大尊像」や重要文化財「東寺文書」を中心に展示する。

 主な展示品は次の通り。国宝「五大尊像 軍荼利明王像(ぐんだりみょうおうぞう)」=平安時代▽国宝「五大尊像 金剛夜叉明王像(こんごうやしゃみょうおうぞう)」=同▽重要文化財「千手観音菩薩立像(せんじゅかんのんぼさつりゅうぞう)」=同▽国宝「兜跋毘沙門天立像(とばつびしゃもんてんりゅうぞう)」=唐時代▽重要文化財「地蔵菩薩立像(じぞうぼさつりゅうぞう)」=平安時代▽重要文化財「夜叉神立像(やしゃじんりゅうぞう、雄夜叉)」=同▽重要文化財「五重小塔(ごじゅうのしょうとう)」=鎌倉時代▽国宝「東宝記(とうぼうき)巻一・巻三」=南北朝〜室町時代

日時
 3月20日(土・祝)〜5月25日(火)午前9時~午後5時

住所 
 京都市南区九条町1(九条通大宮)

拝観料(宝物館)
 大人500円、中学生以下300円

(写真は東寺の五重塔。2019年10月24日撮影、東寺)

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

鴨川をどりリハーサル(2021年4月14日 京都市中京区・先斗町歌舞練場)
鴨川をどりリハーサル(2021年4月14日 京都市中京区・先斗町歌舞練場)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース