京都市内

美人のすべて リターンズ

Twitter Facebook Hatena
 明治以降、日本画の重要なジャンルのひとつとして、今なお多くの人々を魅了してやまないのが美人画です。本展では、京都を代表する日本画家・上村松園のほか、鏑木清方や伊東深水、竹久夢二ら美人画で名高い画家たちによる作品を展示します。

会期
 前期=4月24日(土)~5月31日(月)後期=6月2日(水)~7月4日(日)午前10時~午後5時(入館は閉館30分前まで)。火曜日休館(5月4日は開館、同6日は休館)

会場
 福田美術館(京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町)

内容
 上村松園の全所蔵作品24点を前後期に分けて公開するほか、同館所蔵の美人画作品を紹介し、また114年ぶりに再発見された池田蕉園の「もの詣で」も展示します

入館料
 一般・大学生1300(1200)円、高校生700(600)円、小中生400(300)円。かっこ内は20人以上の団体料金。前売り券、嵯峨嵐山文華館との2館共通券あり

主催
 福田美術館、京都新聞

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

鴨川をどりリハーサル(2021年4月14日 京都市中京区・先斗町歌舞練場)
鴨川をどりリハーサル(2021年4月14日 京都市中京区・先斗町歌舞練場)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース