京都市内

花ごよみ -横山大観・菱田春草らが咲きほこる-

Twitter Facebook Hatena
 季節を彩る花の美しさを留めようと、古来多くの画家が筆をとり、その姿を描き残しました。本展では、近代日本画の巨匠たちが花や果実を描いた作品や現代の日本画家による大作を紹介します。

会期
 前期=4月24日(土)~5月31日(月)後期=6月2日(水)~7月4日(日)午前10時~午後5時(入館は閉館30分前まで)。火曜日休館(5月4日は開館、同6日、6月16日休館)

会場
 嵯峨嵐山文華館(京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町)

内容
 横山大観の「桃」や菱田春草の「残雪図」に加え、幻想的な夜桜を描いた加山又造の「おぼろ」、現代日本画家の中村七海氏による7メートルにおよぶ風景画などを展示します

入館料
 一般・大学生900(800)円、高校生500(400)円、小中生300(250)円。かっこ内は20人以上の団体料金

主催
 嵯峨嵐山文華館、京都新聞

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

鴨川をどりリハーサル(2021年4月14日 京都市中京区・先斗町歌舞練場)
鴨川をどりリハーサル(2021年4月14日 京都市中京区・先斗町歌舞練場)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース