京都市内

開館記念特別展 山口晃 ―ちこちこ小間ごと―

Twitter Facebook Hatena
 日本絵画に古くから用いられてきた伝統的手法を巧みに取り入れながら、油絵の技法で、独自の視点から現代の日本社会を鋭く描く山口晃氏の特別展を開催します。

会期
 前期=7月6日(火)~9月12日(日)、後期=9月14日(火)~11月7日(日)
 午前10時~午後6時(入館は閉館30分前)、月曜休館(ただし祝日は開館、翌日休館)
 ※「親鸞」挿画は4回展示替え

会場
 ZENBI―鍵善良房―KAGIZEN ART MUSEUM(京都市東山区祇園町南側570―107)

入館料
 一般1000円、中・高・大生700円、小学生以下無料

内容
 初公開となる京都に関係する書籍・雑誌の挿画、2008年から14年にかけて手がけた、五木寛之氏の新聞連載小説「親鸞」(全1052回)挿画の原画を中心に紹介

主催
 ZENBI鍵善良房、京都新聞

※新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、会期等が変更になる場合があります。ホームページでご確認ください

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

世界初、血液からアルツハイマー型認知症の兆候捉える装置(2021年6月22日 京都市中京区・島津製作所)
世界初、血液からアルツハイマー型認知症の兆候捉える装置(2021年6月22日 京都市中京区・島津製作所)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース