京都市内

京(みやこ)のファンタジスタ -若冲と同時代の画家たち

Twitter Facebook Hatena
 伊藤若冲が活躍した18世紀の京都は、個性豊かな絵師たちが群雄割拠していました。若冲と同時代の画家たちを通して、18世紀の京都画壇の魅力に迫る本展は、福田美術館と嵯峨嵐山文華館の2館共同企画となっています。

会期
 前期=7月17日(土)~8月30日(月)▽後期=9月1日(水)~10月10日(日)午前10時~午後5時(入館は閉館30分前)、火曜日休館

会場
 第1会場=福田美術館(京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3―16)▽第2会場=嵯峨嵐山文華館(京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11)

内容
 福田美術館では所蔵の若冲作品に加え、与謝蕪村や池大雅、円山応挙、曾我蕭白、長沢芦雪、呉春ら若冲としのぎを削った画家の作品を紹介します。嵯峨嵐山文華館では同じ画題を描いた各絵師の作品を並べ、その特徴や異なる点を比較します

入館料
 福田美術館=一般・大学生1300(1200)円、高校生700(600)円、小中生400(300)円▽嵯峨嵐山文華館=一般・大学生900(800)円、高校生500(400)円、小中生300(250)円。かっこ内は、20人以上の団体料金。2館共通券あり

主催
 福田美術館、嵯峨嵐山文華館、京都新聞
Web
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/598687

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

【2021祇園祭】後祭「拝礼巡行」(2021年7月24日 京都市内)
【2021祇園祭】後祭「拝礼巡行」(2021年7月24日 京都市内)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース