京都市内

小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌(レクイエム)

Twitter Facebook Hatena
 大正から昭和にかけて京都を中心に活躍し、従軍画家としても知られる異色の日本画家・小早川秋聲(しゅうせい)の初めての大規模回顧展を開催します。本展では個人コレクションを中心に、秋聲の初期から晩年にいたる作品約110点を展示します。

会期
 8月7日(土)~9月26日(日)午前10時~午後6時(金曜は午後7時30分まで。入場はそれぞれ30分前)、月曜休館(祝日の場合は開館、翌日休館)

会場
 京都文化博物館(京都市中京区三条高倉)

内容
 戦死した陸軍将校を描いた代表作「國之楯」のほか、初公開の作品を多数展示し、戦争画にとどまらない秋聲の画業を幅広く紹介します

入場料
 一般1400(1200)円、高・大生1100(900)円、小・中生500(300)円。かっこ内は前売りと団体(20人以上)

前売り
 京都文化博物館、イープラス、ローソンチケット(Lコード=52602)、チケットぴあ(Pコード=685―692)、セブンチケットほか

主催
 京都府、京都文化博物館、京都新聞、BSフジ、ライブエグザム

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

新型コロナ「まん延防止等重点措置」適用 西脇隆俊・京都府知事の記者会見(2021年7月30日 京都府庁)
新型コロナ「まん延防止等重点措置」適用 西脇隆俊・京都府知事の記者会見(2021年7月30日 京都府庁)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース