京都市内

木島櫻谷 四季の金屏風 -京都画壇とともに-

Twitter Facebook Hatena
 明治から昭和にかけて京都日本画界の重鎮として全国的に活躍した木島櫻谷が、住友家からの依頼で制作した四双の金屏風(びょうぶ)を一挙に展示します。美術工芸が溶け込む上質な生活文化を知る櫻谷の本領をお楽しみ下さい。

会期
 9月11日(土)~10月24日(日)午前10時~午後5時(入館は閉館30分前まで)、月曜日と9月21日(火)休館(9月20日は開館)

会場
 泉屋博古館(京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24)

内容
 櫻谷の四季の金屏風のほか今年寄贈された作品を公開。また住友コレクションの中から、櫻谷を育んだ江戸時代から近代に続く京都の画家の作品を展示

入館料
 一般800円、高・大生600円。中学生以下と障害者手帳提示の方は無料

イベント
 オウコク・トーク(1)9月18日「京のまちが育てた櫻谷―その交流と美意識」講師=実方葉子氏(泉屋博古館学芸部長)(2)9月28日「京都日本画のオウコク」講師=野地耕一郎氏(泉屋博古館東京館長)(3)10月13日「素材と技法から読み解く櫻谷の屏風」講師=実方葉子氏。各回とも午後2時から同館講堂、定員40人※要入館料、予約優先=075(771)6411、または同館ホームページ(https://sen-oku.or.jp/kyoto/)で

主催
 泉屋博古館、京都新聞
Web
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/634974

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

嵯峨~北嵯峨のヒガンバナ(2021年9月23日 京都市右京区)
嵯峨~北嵯峨のヒガンバナ(2021年9月23日 京都市右京区)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース