京都市内

ブッダのお弟子さん -教えをつなぐ物語-

Twitter Facebook Hatena
 紀元前5世紀ごろ、ブッダとなって仏教教団を誕生させたガウタマ・シッダールタ(釈尊)は、ガンジス川中流域でその思想を広めました。ブッダを支え最も活躍した10人の直弟子(十大弟子)や、涅槃(ねはん)の時に後を任された16人の高弟(十六羅漢)たちの姿や生活に焦点を当てた展覧会を開催します。

会期
 4月23日(土)~6月19日(日)午前10時~午後5時(入館は閉館30分前)。月曜日休館

会場
 龍谷大学 龍谷ミュージアム(京都市下京区堀川通正面下ル、西本願寺前)

内容
 日本に現存する最古の羅漢像である「十六羅漢像」(国宝)をはじめ、インドや中国、日本などに受け継がれた絵画や彫刻、仏教経典を展観し、ブッダの弟子たちの姿を紹介

入館料
 一般1300(1100)円、高大生900(700円)、小中生500(400)円。かっこ内は前売り・20人以上の団体料金

主催
 龍谷大学 龍谷ミュージアム、朝日新聞社、京都新聞
Web
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/776143

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

大原で直径1センチ大のひょう(2022年5月27日 京都市左京区)
大原で直径1センチ大のひょう(2022年5月27日 京都市左京区)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース