京都市内

「四国八十八カ所お砂踏法要」今熊野観音寺

2022年9月21日(水)~9月23日(金)
Twitter Facebook Hatena

「四国八十八カ所お砂踏(すなふみ)法要」今熊野観音寺(京都市東山区)



 1953年から秋の彼岸に合わせて行われている「四国八十八カ所お砂踏法要」。四国の霊場の砂を踏んで参拝するもので、真言宗を開いた空海(弘法大師)ゆかりの各寺の砂を集め、全ての霊場を参拝したのと同様のご利益が得られるという。

 参拝者は、僧侶から戒を授かり、四国霊場の朱印が押された「おいずる(白衣)」と呼ばれる羽織を身に着けて巡拝する。八十八カ所の各霊場の本尊が描かれた掛け軸の前を巡り、袋に入った砂を踏みながら静かに手を合わせる。期間中は頭痛封じやぼけ封じに効くという本尊の秘仏・十一面観世音菩薩(ぼさつ)像も開帳される。午前9時~午後4時、参拝料は1300円。



(写真は2019年9月20日撮影)



 




開催日時
2022年9月21日(水)~9月23日(金)

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

京都・大谷祖廟「万灯会」(2022年8月14日 京都市東山区)
京都・大谷祖廟「万灯会」(2022年8月14日 京都市東山区)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース