京都市内

「六道まいり」六道珍皇寺

2022年8月7日(日)~10日(水)
Twitter Facebook Hatena

「六道まいり」六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ、京都市東山区)



 お盆前に先祖の霊を迎える行事。平安時代に同寺一帯は葬送の地で、冥界の入り口に当たる「六道の辻(つじ)」と信じられてきたことから精霊迎えの行事が始まった。霊は「五山送り火」で再びあの世に戻るという。参拝者は精霊迎えの鐘を打ち、水塔婆(みずとうば)や精霊の依(よ)り代(しろ)とされるコウヤマキを供えて先祖を供養する。参道では、コロナ渦で販売を中止していた生花店が3年ぶりにコウヤマキを販売する。今年も遠方などで参拝できない人のためにインターネット経由・郵便での「代参供養」を受け付けるという。時間は午前6時~午後10時。



※新型コロナウイルス感染拡大を受け、催しが急きょ中止になることがあります。確認の上お出掛けください。



(写真は2021年8月7日撮影)




開催日時
2022年8月7日(日)~10日(水)

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

滋賀・高島でブルーインパルス「飛行展示」(2022年8月7日 滋賀県高島市)
滋賀・高島でブルーインパルス「飛行展示」(2022年8月7日 滋賀県高島市)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース