京都市内

企画展 のぞいてみられぇ!“あの世”の美術 -岡山・宗教美術の名宝Ⅲ-

Twitter Facebook Hatena
 美作国久米(現在の岡山県久米郡)出身である浄土宗の開祖「法然上人」と、旧邑久郡の下笠加(現在の瀬戸内市)を拠点の一つとして諸国を旅して仏教を伝えた「熊野比丘尼(びくに)」、岡山県に伝わる「地獄・極楽」の三つのキーワードを軸に、岡山ならではの魅力あふれる“あの世”の造形を紹介する展覧会を開催します。
 
会期
 7月16日(土)~8月21日(日)午前10時~午後5時(入館は閉館30分前)。月曜(7月18日は除く)と7月19日(火)休館

会場
 龍谷大学 龍谷ミュージアム(京都市下京区堀川通正面下ル、西本願寺前)

内容
 浄土教や浄土信仰にまつわる岡山県内の貴重な資料群、絵画の優品を中心に展観し、法然上人の生涯や熊野比丘尼たちの活動の足跡に迫る

入館料
 一般900(700)円、高大生500(300円)、小中生200(100)円。かっこ内は前売り、20人以上の団体料金

主催
 龍谷大学 龍谷ミュージアム、朝日新聞社、京都新聞

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

【2022祇園祭】京都・祇園祭 綾傘鉾稚児「社参の儀」(2022年7月7日 京都市東山区・八坂神社)
【2022祇園祭】京都・祇園祭 綾傘鉾稚児「社参の儀」(2022年7月7日 京都市東山区・八坂神社)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース