京都市内

どうぶつ美術館

Twitter Facebook Hatena
 動く「いきもの」の姿をいかに表現するかは、古来多くの画家が取り組んできたテーマです。本展では作品が制作された背景にも触れながら、さまざまな動物画を紹介します。

会期
 前期7月16日(土)~8月29日(月)▽後期8月31日(水)~10月10日(月・祝)午前10時~午後5時(入館は閉館30分前まで)。火曜と8月19日(金)~22日(月)休館

会場
 嵯峨嵐山文華館(京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町)

内容
 円山応挙の愛くるしい「竹に狗子図」や虎の名手、大橋翠石の「獣王図」に始まり、木島櫻谷、竹内栖鳳ら巨匠たちの優れた動物画を展示

入館料
 一般・大学生900(800)円、高校生500(400)円、小中生300(250)円。かっこ内は20人以上の団体料金

主催
 嵯峨嵐山文華館、京都新聞

最新イベント

イベントメニュー

人気ランキング

動画ライブラリ

【2022祇園祭】京都・祇園祭 綾傘鉾稚児「社参の儀」(2022年7月7日 京都市東山区・八坂神社)
【2022祇園祭】京都・祇園祭 綾傘鉾稚児「社参の儀」(2022年7月7日 京都市東山区・八坂神社)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース