2019年10月19日

長島観光開発株式会社

世界最高峰のクオリティで魅せる、なばなの里 イルミネーション
テーマエリア 「さくら」
千本桜や壮大な里山の情景を四季折々ダイナミックに表現

なばなの里(所在地:三重県桑名市長島町駒江)では、この季節の風物詩として恒例となりました、「なばなの里イルミネーション」を、2019年10月19日(土)~2020年5月6日(月・振休) まで、期間限定で開催いたします。毎年変わる注目のメイン会場イルミネーションの今回のテーマは、

2019年 新登場 「 さ く ら 」
桜(さくら)が魅せる四季折々の里山の絶景、
絢爛と咲き誇る藤棚を風雅な心でめぐる驚きと感動のイルミネーション

視界いっぱいに広がる 千本桜 や、連なる山々が美しい 里山の絶景 を 過去最大スケール でダイナミックに演出!桜が咲き誇る色鮮やかな里山の情景や数々の感動シーンがみどころ。一望できるスケール感や立体感のある奥行き。四季折々、自然が魅せる豊かな表情に趣を見出し、日々の移ろいの中の一瞬のきらめきや、心に響く繊細な情景を美しく鮮やかに花鳥風月の風雅な心をイルミネーションで表現いたします。
また、中央には絢爛と咲き誇る藤の花をモチーフにした黄色や白、紫色に彩られた優雅で美しい約70ⅿの藤棚があり、くぐるようにゆっくり歩を進め、光の中からイルミネーションを楽しめる体験もできます。藤の花はシーンにより、夏の渓流や月明かり、冬の氷柱(つらら)、春めいた花々、金色の草原など、さまざまな表情を見せてくれます。幾重にも折り重なる圧巻の桜景色や、里山の原風景、日本の美を象徴する和柄などまさに後世に残したい数々のシーンの連続。壮大で美しすぎる情景を高さ 約30 m 、幅 約155 m というすべてを圧倒する過去最大スケールで余すところなく表現。世界最高峰のクオリティで繊細かつ鮮やかな臨場感あふれる景観を表現力豊かに演出いたします。
イルミネーションで魅せる「なばなの里」を心ゆくまでお楽しみください。

2019年で16回目を迎える「なばなの里イルミネーション」
国内最大級のスケール!世界最高峰のクオリティで期間限定開催。毎年内容の変わる「テーマエリア」、「100mのトンネル」そして、今回初登場のミレニアムガーデン「光の海」に注目があつまります。世界の絶景に選ばれた「200mの光のトンネル」や、「水上イルミネーション」、「ツインツリー」、など、里内はみどころ盛りだくさんです。また、季節により紅葉や、満開の花木や花々と競演も色鮮やかで幻想的です。

<なばなの里メインテーマエリア 概要>
あじさい・花しょうぶ園(8,000坪・26,400㎡)の敷地に、毎回、新しいテーマでメイン会場のイルミネーションを展開。世界の美しい憧れの絶景の中から、一度は行ってみたいと憧れる雄大なテーマを厳選し開催しています。大自然の驚異と神秘の情景、躍動感あふれるダイナミックで色鮮やかな美しい姿を、大パノラマのスケールで、刻々と変わるその情景を最新LEDで色鮮やかに演出。思わず息を飲むような光景の数々と、豊かな自然が織り成す様々な彩り豊かな演出などが見どころです。美しい本物の光り輝く電球だけでつくるイルミネーションにこだわり最先端のLED電球を使用し、色鮮やかに煌く情景を演出します。世界最高峰を誇るクオリティと臨場感溢れる大迫力の壮大なスケール感は世界からも注目を集め人気を博しています。

インフォメーション
タイトル:なばなの里 イルミネーション 
開催期間:10月19日(土)~2020年5月6日(水・振休) (201日間) 
点灯時間:17時頃 (日没時間等により変動有り) ~営業時間終了まで
営業時間:※曜日や時期により変動あり
9時~21時 <12/31までの平日、1/1~2/29の全日>
(12/24、25、27、30、1/2~5、11、12、18、25、26、2/22、23は除く) 
9時~22時 <12/31までの土休日、12/24、25、27、30、1/2~5、11、12、18、25、26、2/22、23、3/1~5/6>

料金:入村時に「なばなクーポン」 2,300円 購入が必要。(小学生以上)
(なばなの里内で使える金券1,000円分付)
公式サイト:https://www.nagashima-onsen.co.jp/
アクセス:〒511-1144 三重県桑名市長島町駒江漆畑270番地
TEL 0594-41-0787 (お客様お問合せ窓口)
公共交通機関 / 近鉄名古屋線 近鉄長島駅より「なばなの里」行き直通バスにて約10分 
お車 / 伊勢湾岸自動車道 「湾岸長島 IC」より 約10分

人気のイルミネーションスポット

新登場  ミレニアムガーデン「光の海」
樹齢1000年オリーブ大樹を色鮮やかなライトアップに染め様々なシーンを奏でる
樹齢1000年大樹(ミレニアムオリーブ)を囲み、美しいたくさんの輝きがあふれるエリア。立体的な演出と最新調光技術で地中海の澄み切った青と緑にそよぐ風を表現。美しい地中海の情景のほか、豊かな大地にはかわいらしい実をつけたオリーブ畑、爽やかな風など様々なシーンが登場します。「夢」と「希望」の象徴、大樹の存在感は不思議な力に満ち溢れ驚きと感動をあたえてくれます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910182295-O2-C9PvD4Bb
花壇の上に立体的にLEDを張り、最新調光技術で様々なシーンを演出。
光の調光で青く輝く地中海の海が波打つ様子や、豊かな大地の恵み、どこまでも続く広大なオリーブ畑など。 ※イメージです

NEW 100mの光のトンネル  100m road 「canola flower」
新登場  「菜の花」 ~ canola flower ~
つぼみの緑と鮮やかな黄色の花のコントラストが春らしい「菜の花」がモチーフ
一面黄色い絨毯を作り出す圧巻の菜の花のトンネルで、フォトジェニックな景色を楽しもう。LEDの小さな電飾1つ1つのあかりをあつめ、たくさんの菜の花が咲き並ぶ心やすらぐ景色を演出。見わたす限り一面が 菜の花畑 の鮮やかな黄色で覆われ、誰もが懐かしいと感じてしまう情緒豊かな光景です。どこまでも続く圧巻のその景色は時間が経つのも忘れてしまうくらい、一度見たら忘れられない素晴らしい光景になることでしょう。菜の花の花の言葉は「小さな幸せ」、「元気いっぱい」、「活発」など幸せで元気なイメージ。春の訪れを告げる菜の花のイルミネーションは、きっと見た人の心を癒してくれるでしょう。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910182295-O3-Y5b6Ebp5
つぼみから開花まで黄色と緑のあかりで演出。

200m 光のトンネル
(アーチングイルミネーション 華回廊)  200m「Brilliant road」
『なばなの里イルミネーション』を一躍有名にした200mの「光のトンネル」。なばなの里ならではの‘可愛い花びら’を模った「暖かなあかり」を基調とした電球色の最新LEDで全長約200mの「光のトンネル」がつくられています。2013年には「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」に選ばれました。 ※「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」詩歩(しほ):世界中の絶景を紹介するFacebookページを運営し、70万以上のいいね!を獲得して話題に。書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景(2013年)」を出版し、オリコンランキング1位を獲得。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910182295-O13-YIC67z2c
※技術の進歩により、白熱電球のような暖かなあかりをLED電球で演出できるようになりました。(2017年~)

なばなの里イルミネーション シンボルツリー ツインツリー
第1位 日本一のクリスマスツリーに選ばれました
なばなの里のチャペル前には2本のシンボルツリーがあります。より美しくツリーをご覧いただけるように、LED電球を丁寧に枝先まで装飾し、ボリューム感のある華やかなイルミネーションのツリーに仕上げました。高さ約20mを超える天然木(ヒマラヤスギ)は、見事な枝ぶりの存在感のある巨木です。連日、チャペルの鐘の音を合図に点灯し、「なばなの里」で一番の人々が集う場所。クリスタルホワイトに彩られたゴージャスな気品のあるツリーと、大人の色使いのパステルブルーに見立てた優雅なツリーは、人気のフォトスポットになることでしょう。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910182295-O5-3K48zal8

NIKKEIプラス1「何でもランキング クリスマスツリー名所に行こう」 にて日本一を獲得!
日本経済新聞が発行する「NIKKEIプラス1」(毎週土曜日発行・別刷り紙面)の‘何でもランキング クリスマスツリー名所に行こう’(2015.11.21付)において、東西併せて第1位を獲得。 この冬行きたい クリスマスツリー、東西13カ所 (2015.11.21付)

国内最大級 水上イルミネーション 「光の大河」
立体的にバージョンアップ!優美で繊細な木曽三川の雄大な姿を演出している水上イルミネーション。自然豊かな渓流からのダイナミックな滝の流れの様子や、動静の変化のある千変万化の川流れの美しさを表現した躍動感あふれる演出。 約10分間のプログラム中には、四季の移ろいや神秘の自然現象など、想像を超える色合い、豊かなシーンを多彩に演出。最先端のコンピューター制御技術を駆使し、美しいBGMに合わせ約640億色の演出が可能な最新LEDで「光の大河」の木曽三川(木曽川、揖斐川、長良川)の、様々な変化に富んだ“大自然の美しさ”を演出します。まさに世界を魅了するイルミネーションで、雄大な大自然をイメージし、鮮麗たる美しい空間が広がります。 

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910182295-O6-Nm2Cs08j
※国内の水上イルミネーションとして最大規模。

◎その他 みどころエリア
・里のシンボル「チャペル」の壁面に、LEDアッパーライトの光で色映りに変化する演出
・池の周りや花壇、歩道の生垣にネットライトを掛けて、里全体をライトアップ。

アイランド富士
イルミネーションや夜景を上空から
地上45メートルの高さから、雄大な風景を360度のパノラマで望むことができるアイランド富士。展望台のベンチに座りご乗車いただくだけで45m上空まで展望台が上がり、頂上では360度展望台が回転します。その場所で動き回ることなく全ての景色をお楽しみいただけるので、お子様やご年配の方にも安心です。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910182295-O7-x82U5393
※天候や突発的な点検整備により、予告無く運休する事もございます。あらかじめご了承のほどよろしくお願い致します。

自然美との競演 秋は紅葉!春は梅や桜とチューリップのコラボレーション!
なばなの里のイルミネーションは、特に季節の自然美と調和した美しさに定評があり、四季を通じて美しい花々や花木を楽しむことが出来ます。「なばなの里」ならではの、イルミネーションと美しい花木のライトアップで、感動と驚きの情景をお楽しみいただけます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910182295-O8-NT4tcQh9

色づく秋が染める紅葉(11月下旬~12月下旬頃)の色彩とイルミネーションとの競演や、早春からは幻想的な夜の観梅が人気を集める約330本のしだれ梅のライトアップ。早咲きの河津桜約300本が里内一面に咲き誇り、見事にライトアップされた満開の桜のトンネルがあちらこちらで楽しめるなど、自然美とイルミネーションの輝きの競演を是非お楽しみいただけます。
※なばなの里には早咲きの河津桜が約300本もあり、2月下旬頃から3月中旬ごろには、里内の中央の池を中心に周囲の遊歩道は桜並木となり桜とイルミネーションのコラボが楽しめます!また、約270本のソメイヨシや、3月下旬から4月中旬は「花ひろば」(約43,000㎡)に、180万球のチューリップが咲き誇り、夜はライトアップで幻想的な花壇を楽しめます。

トピックス 季節限定 イルミネーションと紅葉のコラボレーション
12月初旬頃見られる「紅葉」は趣き深い光景です。
この季節限定、「イルミネーション」とのコラボレーションがお楽しみ頂けます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910182295-O9-MZe6iVXn
星の湯前「鏡池」の紅葉

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910182295-O10-q9WX6SC9
「紅葉」と「ライトアップ」のコラボレーション

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910182295-O11-o7Z26M3g
花ひろば チューリップ ライトアップ 3月下旬から4月中旬

「行ってよかった! 紅葉名所ランキング2016」
「行ってよかった!紅葉名所ランキング2016」 秋の行楽シーズンの目的地はココで決まり
日本の紅葉絶景に東海地区で唯一選ばれました!
神秘的な鏡池にうつる錦秋のモミジが京都のスポットとならび トップ10入り!

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910182295-O12-2N58Yn46

旅の計画から予約までをサポートする世界最大の旅行サイト「TripAdvisor®」の日本法人であるトリップアドバイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:牧野友衛、www.tripadvisor.jp)は、トリップアドバイザーに投稿された口コミを元に「行ってよかった!紅葉名所ランキング2016」を発表しました。
ランキングのトップ20には、様々な紅葉名所のある京都府から9スポットがランクインした一方で、秋から冬にかけてのイルミネーションが美しいことで有名な庭園、『なばなの里』(三重県桑名市)が9位にランクイン!これは、東海地区唯一のランクインです。LED照明と紅葉のコントラストの美しさを述べた口コミが寄せられました。

なばなの里 「美」へのこだわり
世界一の誇り、世界一のこだわり
なばなの里イルミネーションの美しさは、妥協をしない電飾の取り付けへのこだわり。通常では真似のできないような時間と手間をかけ丁寧に、細かい間隔で電飾を等間隔で装飾。直線的なLEDの光を和らげるため、光を反射する素材の装飾物を施し、やわらかで広がりのある灯りを演出。電飾それぞれの持つ特徴により、使用する電飾の種類や色を厳選しています。また、長年の経験と技術でより美しく見ていただけるように、角度や高さまでこだわり工夫をしています。春になると咲く花木や花々との競演も考え、様々な工夫をしているのも、なばなの里ならではです。

イルミネーションランキング 夜景鑑賞士が厳選した「本物力」
全国の夜景鑑賞のプロ(有資格者)が選ぶ日本で最も信用性の高いイルミネーション ランキング 三年連続 第1位 (2013年~2015年)
一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー内「イルミネーションアワード実行委員会」は、全国の夜景鑑賞士(夜景鑑賞士検定の有資格者)が「実際に行ってみてよかった」と思ったイルミネーションはこれ!冬に絶対見るべき、絶景イルミネーションという項目で、国内の施設を対象にアンケートを実施。
【イルミネーション部門】
LEDストリングス(紐形状)・ネットライト(網形状)・テープライト・モチーフライト等をメインに使用し、演出展開する冬期イルミネーションイベントが対象。

★2年連続 プロフェッショナルパフォーマンス部門 第1位
施設やイベントそのものに対する賞ではなく、さまざまなアイデアや最新技術を用いて、芸術性、デザイン性の高い「光の演出」を評価するもの、最先端技術を使い、世界レベルのパフォーマンスを誇る「イルミネーション演出」について順位化するものです。(2017年・2018年)

(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー東京都中央区勝どき1-13-6 プラザタワー勝どき3412 TEL:03-6204-0115 FAX:03-6204-0112
http://www.yakei-cvb.or.jp

「外国人に人気の観光スポット2017」 TOP30
トリップアドバイザー上に投稿された外国語の口コミ評価をもとに、「外国人に人気の観光スポット2017」を発表しました。
『伏見稲荷大社』など日本を代表する定番の観光名所が選ばれる中、東海地区で唯一「なばなの里」(所在地:三重県桑名市長島町駒江)のイルミネーションが美しいと話題になり、何度でも訪れたくなる美しい観光スポットとして27位。 冬のイルミネーションや、春から秋にかけての美しい花を見に訪れる人が多いようです。“The best outdoor illumination I have ever seen(これまでで最も素晴らしい野外イルミネーション)”と、イルミネーションを称賛する投稿も多数。

テーマエリア「さくら」
光の海
菜の花
200mの「光のトンネル」
ツインツリー
水上イルミネーション
アイランド富士
河津桜ライトアップ
里の湯前「鏡池」の紅葉
「紅葉」と「ライトアップ」のコラボレーション
「花ひろば」チューリップ ライトアップ
鏡池にうつる錦秋のモミジ