第2回中国国際輸入博覧会(CIIE)が成功裏に閉幕

AsiaNet 81573 (2241)

【上海2019年11月11日PR Newswire=共同通信JBN】第2回中国国際輸入博覧会(China International Import Expo、CIIE)は11月10日、1年目よりも実り多い結果を出して終了し、世界経済のより持続的な発展のため、長期的エネルギーをさらに開放し注入するという中国の決意を示した。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191111/2638535-1
(写真説明:CIIE会場の夜景-National Exhibition and Convention Center (Shanghai)(上海国家会展中心))

「ウィンウィン協力のための開放とイノベーション」をテーマとする虹橋国際経済フォーラム(Hongqiao International Economic Forum)は世界各地の政界、ビジネス界、学界から約60名の著名な講演者を集め、ビジネス環境、人工知能、世界貿易機関(WTO)改革、eコマース、中国の70年にわたる発展の5つのパネルセッションで講演が行われた。

第2回CIIEでは1年間の財・サービスの購入で前年比23%増の合計711億3000万米ドルの仮契約が結ばれた。CIIEのビジターは11月10日正午までに、181カ国・地域、および国際機関からの91万人超に達した。

CIIEの国別展示には64カ国と、世界貿易機関、国連工業開発機関(UNIDO)、国際貿易センターの4国際機関が参加した。

3800社以上の外国企業がビジネス展示会に出展し、少なくとも391の新製品、技術、ないしサービスが今年のCIIEでグローバルデビューまたは地域デビューした。

第2回CIIEの登録プロフェッショナル訪問者数は50万人を超え、うち7000人以上が海外バイヤーだった。

さまざまな省庁による政策分析、WTOとUNIDOによる出版レポートなど、約380の活動が博覧会期間中に開催された。

11月10日時点で、世界中の230社を超える企業が第3回CIIEに登録しており、その合計展示面積は8万4000平方メートルを超えている。その中には、Fortune Global500社ないし業界リーダーが80社以上のあり、総展示面積は5万平方メートル超である。

ソース:China International Import Expo

画像添付リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=350453