Bilibiliが中国アニメ展示会MADE BY BILIBILIで強力な2020年アニメコンテンツを発表

AsiaNet 81793 (2344)


【上海2019年11月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*Bilibiliは27本の新しい中国アニメシリーズを紹介し、13本の既存のアニメシリーズのアップデートを発表

中国アニメの分野におけるBilibili(ビリビリ)の新たな発展と過去の業績を展示するイベントMADE BY BILIBILI 2019 – 2020が11月17日(日曜)、上海で開催された。Bilibiliは同イベントで、同社が委託した27本の新しい中国アニメシリーズを発表した。その多くは2020年にオンラインで入手可能になる。Bilibiliが非常に多くの視聴者に提供する27本の新しいアニメシリーズのうち、13本はオリジナルタイトルである。同社は、2018年12月の初開催のMADE BY BILIBILI 2018 – 2019イベントで紹介された既存の人気中国アニメシリーズ13本のアップデートも発表した。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191120/2649050-1-a
(写真説明:上海でのMADE BY BILIBILI 2019 – 2020)

Bilibiliは、中国で最も有名なサイエンスフィクション(SF)作家、劉慈欣氏の多数の受賞歴のある傑作「三体」(The Three-Body Problem)のアニメ・アダプテーションも2021年にリリースされる。それに加え、Bilibiliは巨大なスケールの「三体」の世界を一足先に垣間見ることができる最初の公式予告編を発表した。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191120/2649050-1-b
(写真説明:2021年にBilibiliに登場する劉慈欣氏の「三体」のアニメ)

劉氏は、Bilibiliが初めて同氏の有名な作品のアニメ・アダプテーションを発表した今年6月の同社10周年記念式典で「SF作家としての私の考えでは、アニメはSFコンテンツの表現に特に適した形態である。現実の男優と女優による従来の映画と比べ、アニメにはより大きな自由がある」とコメントした。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191120/2649050-1-c
(写真説明:Bilibiliの「三体」アートワーク)

Bilibiliは、Three-body Universe (Shanghai) Cultural Development Co Ltdからの認可を受け、中国のトップのアニメーションスタジオの1つであるYHKT ENTERTAINMENTに「三体」アニメの製作を委託した。両者が協力するのは今回が初めてではない。YHKT ENTERTAINMENTは、高い評価を受けたシリーズの「霊篭(Incarnation)」も製作した。これは、世界の終末をテーマにしたSF/スリラー/アドベンチャーのマッシュアップで、2018年7月13日のBilibiliでの公開以来、7300万以上のビューを集めている。

近年、中国アニメへの関心が高まる中、Bilibiliは2019年に中国アニメコンテンツの分野で大きく成長した。中国アニメは2019年、Bilibiliにおいて専門的に作り出されたコンテンツ分野のナンバーワンになった。Bilibiliの中国アニメチャンネルの月間アクティブユーザー(MAU)は初めて日本アニメチャンネルのMAUを上回り、合計視聴時間は3億時間を超えた。Bilibiliの中国アニメチャンネルは2019年に104本の作品を公開し、現在では日本アニメの供給と同様のレベルになっている。サードパーティーの調査会社iResearchによると、中国のアニメーション産業の総生産額は2019年に1941億元に達し、オンラインアニメーションのユーザーは3億人に上った。

Bilibiliの取締役会副会長・最高執行責任者のカーリー・リー氏は「われわれは、2020年は歴史的な節目になると確信している。全国的にアニメーションに熱中する画期的な年になるだろう。2020年は1980年代以降に生まれた世代が40歳になり、2000年代以降の世代は20歳になる。アニメーション視聴者の成熟は、コンテンツ分野としてのアニメーションが子どもや青少年のニーズから全年齢層の人々のニーズへと発展していくことを意味する」と述べた。

Bilibiliは、これらのニーズを満たすため、オリジナルコンテンツおよび小説、漫画、ゲームのアダプテーションという両形態で高品質の中国アニメの大規模なライブラリーを構築することにコミットしている。例えば、Bilibiliは、Heaven Official’s Blessingまたは中国語で天官賜福(Tian Guan Ci Fu)と命名されたJinjiang Literature City(晋江文学城)についての非常に人気のあるオンライン小説のアニメ・アダプテーションを発表した。これは2020年でBilibiliで公開される。

中国のアニメーション産業の急速な発展の中、アニメ・アダプテーションは高品質な知的財産(IP)をアップグレードし、その寿命を延ばすための重要な方法になった。Bilibiliは過去数年、テンセントのChina Literature、Jinjiang Literature City、ZhangYue Technologies(iReaderアプリのクリエーター)といった幾つかのトップの文学プラットフォームと協力し、人気のある小説、漫画、ゲームのアニメ・アダプテーションを行ってきた。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191120/2649050-1-d
(写真説明:2020年にBilibiliに登場するHeaven Official's Blessingのアニメ)

中国の古典小説である三国志演義から刺激を受け、その同名の漫画からのアダプテーションであるアニメシリーズ「The Ravages of Time(火鳳燎原)」もMADE BY BILIBILI 2019 – 2020で初披露され、併せて予告編も発表された。The Ravages of Timeは、BilibiliとiDreamSky Entertainmentからの委託を受けてZhuoHua Entertainmentが製作し、Bilibiliで2020年に視聴可能になる。

Bilibiliは今年の「Little Universe」プログラムの勝者も発表した。このプログラムは2016年に初めてスタートしており、中国全土から若手のアニメーション人材を見いだし、彼らを中国のアニメーション産業に取り込むことに専念している。

同イベントのビデオリキャップと新シリーズの完全なラインナップは以下を参照。(https://www.bilibili.com/blackboard/topic/activity-2019mbbp.html

▽BILIBILIについて
Bilibili(ビリビリ)は、中国における若い世代の日々の生活を豊かにすることを使命とし、オンラインエンターテインメントの象徴的なブランドになっている。ビリビリは、ビデオ、ライブ放送、モバイルゲームなど、さまざまなジャンルやメディアのフォーマットをカバーするあらゆる領域のオンライン・エンターテインメント・プラットフォームである。ビリビリは、ユーザーおよびコミュニティーの進化と多様な関心に応えることができる臨場感あふれるエンターテインメント体験と高品質のコンテンツを提供している。そのプラットフォームはBilibiliのユーザーとそのコンテンツ、コミュニティーとの間の強力な感情の結び付きをベースにしている。

ソース:Bilibili Inc.

画像添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=351614
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=351623
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=351624
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=351625