LANGRIAはアトランタ空港からローカルとグローバルの大望へテークオフ

AsiaNet 81986(2437)


【アトランタ2019年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】LANGRIAはハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(ATL)で15秒のビデオを放映し、その「Easy, Cozy, Homey」(たやすくて居心地がよく家庭的な)家具コンセプトとデザイン製品を数百万人の地球市民に披露している。

北米で最も利用者が多いハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(IATA:ATL)は、月当たりの広告インプレッション(表示回数)が最多になっている。LANGRIAは「ATLと協力するこの素晴らしい機会に感謝する。米国のユーザーにあいさつし、世界中の人々に自己紹介したい」としている。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191203/2659116-1

▽ローカルは未来
2万の好意的レビューと3桁の成長率でリードするLANGRIAは、施設が整いユーザー志向の北米で現地化する。

2015年創業のLANGRIAは、消費者300万人に住宅装飾ソリューションを提供している。国際特許22件を獲得、昨年は8桁の売上高を記録し、最近ユナイテッド航空の機内誌Hemisphere Magazineの専門家が推奨した。

LANGRIAのウナ・タオ上級ブランディングマネジャーは「当社販売の50%近くは北米で、これまでに米国、カナダ、メキシコのユーザーから高く評価するフィードバックを受けている。われわれの物流サービスは全米各州、上記諸国の購買から2-7日以内の配達を保証している。北米は家庭用家具の販売にとって大変重要である」と語った。

▽ユーザーとともに革新
地元卸売業者と話すことは別として、LANGRIAはソーシャルネットワーク上のアクティブファン10万人以上を誇りにしており、製品をユーザーのためでなく、彼らとともにデザインしている。バイヤーはサイバーマンデー、クリスマス、大みそかの特別セールに招かれるだけでなく、デザイン工程にも参加している。

ウナ・タオ氏は「われわれのユーザーは、まさに地上で最も創造的な人々である。彼らは製品リストにある当社のキャビネットやガーメントラックにつるす特別なアクセサリーを示唆しており、LANGRIAジュエリーキャビネットのビデオでわれわれは一緒にブレインストーミングをしている」と熱意を込めて述べた。

「新玄関ホールのガーメントラックも共同でデザインされ、それは2020年のCreative Co-designer Program始動にヒントを与えてくれた。より多くのLANGRIAファミリーと一緒に物を作ることは光栄である」

▽自信をもってグローバル化
米国は家具販売で世界最大の市場にとどまっており、LANGRIAはこの経験とともに、より多くの人々へのサービス提供を目指している。

ウナ・タオ氏は「LANGRIAは200以上の国と地域に販売されており、これまでのところ北米、欧州、日本、オーストラリアに直接出荷することが可能である。われわれは倉庫増設と物流ネットワーク拡大を計画している」と語った。

▽「われわれは2020年を楽観」
室内装飾プロバイダーであるLANGRIAの製品範囲は室内家具から野外用家具、家庭用繊維製品、室内アクセサリーに及ぶ。Makeup Jewelry Armoire Series、Hanging Rack Wardrobe、Memory Foam PillowなどLANGRIAのベストセラー製品は、このホリデーシーズンに消費者から注目されるに違いない。

ローカライゼーションとグローバルの大望、そして「Easy, Cozy, Homey」バリューに駆動されるLANGRIAは、製品とサービスに向けて革新的実践を続けている。

LANGRIAのストーリー、サービス、およびサイバーマンデー、クリスマス、新年のイベントに関する詳細はhttps://www.langria.com/ を参照。

ソース:LANGRIA