2020年2 月21日

滋賀県

地方を元気にする、「近鉄百貨店」×「東急ハンズ」のコラボショップ
「Plugs Market」1号店が2.21近鉄百貨店草津店にオープン
全館リフレッシュオープンにあわせ、滋賀県と同百貨店が連携協定を締結
草津店では「全館まるごと!滋賀フェア」を開催

「近鉄百貨店」×「東急ハンズ」のコラボショップ、「プラグス マーケット(Plugs Market)」PRODUCED BY TOKYU HANDS※の第1号店が近鉄百貨店草津店(滋賀県草津市渋川/JR草津駅徒歩1分)に2月21日(金)にオープンしました。開店と同時に多くの方お越しになり、店内は活気に溢れました。
   同日の全館リフレッシュオープンに併せ、滋賀県と株式会社近鉄百貨店は、滋賀県内の産業の振興発展・地域の活性化のため、産業振興等に関する協定を締結しました。今後、相互の経営資源を活かし、県産品の販売促進や観光振興にタッグを組んで取り組んでいきます。同店が自治体と連携協定を結ぶのは全国初となります。
   また、草津店では、2月21日(金)~2月25日(火)まで、「全館まるごと! 滋賀フェア」が開催され、滋賀にちなんだ各種イベントが多数催されます。

※「プラグス マーケット(Plugs Market)」
PRODUCED BY TOKYU HANDS
東急ハンズと地方・郊外百貨店、地方⾃治体等が協業して地方再発⾒、地域共創を推進する新たな事業スキーム、草津店が第1号店となり、フランチャイズ方式で展開。
詳細は東急ハンズプラグス マーケット 草津店
https://www.tokyu-hands.co.jp/plugs-market/kusatsu/

協定式で、三日月大造滋賀県知事は、「地域とともに手を取りながら店舗をつくる近鉄百貨店のビジョンに大いに共感した。共に新しい滋賀の魅力をつくり、地域住民のサービスの充実に一緒に力を合わせ取り組んでいきたい」、秋田拓士代表取締役社長は、「滋賀は歴史、文化、風土、全てにわたり、知れば知るほど良いところがある、滋賀県とともにそれを掘り起こしていきたい。また、地域の暮らしを豊かにする“タウンセンター”として、従来の百貨店業態から脱却し、地域に暮らす人と一緒にモノやサービスをつくり上げていきたい」とそれぞれ新たな店舗と滋賀の未来への想いを語りました。

■全館まるごと! 滋賀フェア/2月21日(金)~2月25日(火) 
※SHIGA’s BAR in草津、近江の茶と信楽焼はそれぞれ24日(月・振休)まで
「再発見! 滋賀の魅力、メガ盛り」をテーマに、草津店の各階で、滋賀の物産コーナーや体験コーナーが設けられました。滋賀県からは、信楽焼の作家たちの茶器等の展示販売・陶芸体験ができる「近江の茶と信楽焼」、信楽焼で近江の地酒の飲み比べができる「SHIGA’s BAR in草津」を、それぞれ2階と5階に出展しています。フェアの詳細は、同店のホームページ(http://www.d-kintetsu.co.jp/store/kusatsu/news/1518.html)をご覧ください。




「シガコレ」コーナー”WABARA”(2階)
「シガコレ」コーナー”琵琶湖の水草を使ったガラス”(2階) 
  SHIGA’s BAR in草津(500円で近江の地酒が飲み比べ)
ココクールショップ(1階近江路内) 
スカーレットパネル展・陶芸体験コーナー(2階)
滋賀の産品が並ぶ「シガコレ」コーナー(2階)