韓国のオイルレスベアリングメーカー、SGOが2020年に日本で開催される3つの展示会に参加へ

AsiaNet 82723 (0167)


【仁川(韓国)2020年2月26日PR Newswire=共同通信JBN】韓国の仁川にあるベアリング(軸受け)メーカー、SGOは、今年日本で開催される3つの異なる展示会に参加し、日本のベアリング市場で同社製ベアリングの販売促進を実施すると発表した。

Photo- https://photos.prnasia.com/prnh/20200130/2707020-1-a
(写真説明:オイルレスベアリング製品)

Logo- https://photos.prnasia.com/prnh/20200130/2707020-1-b

SGOは既に日本のベアリング市場で一部の日本の顧客から認められているが、SGOはこれらの展示会を通じてその事業をさらに拡大し、日本における市場プレゼンスを強化することを目指している。

今年参加が確認されている展示会の一部は次の通り。

1. 展示会名:CSPI EXPO 2020(第3回 建設・測量生産性向上展、https://cspi-expo.com/
期間:2020年4月22-24日
2. 展示会名:IPF Japan 2020(国際プラスチックフェア、https://www.ipfjapan.jp
期間:2020年10月6-10日
3. 展示会名:M-TECH OSAKA 2020(関西ものづくりワールド2020、https://www.japan-mfg-kansai.jp
期間:2020年10月7-9日 

2000年に韓国で設立されたSGOは、産業機械、金型、自動車製造で使用されるオイルレスベアリング(無給油軸受け)の設計、開発、生産を専門にしている。オイルレスベアリングは、機械が潤滑剤なしにスムーズに作動するのを可能にするもので、潤滑剤を使用することができないハイドロダム(水力発電用ダム)施設、食品製造施設に最適である。「Develon」といブランド名で、SGOは従来のベアリングよりも大幅に改善された特許取得済みの多層ベアリングを開発した。

SGOが製造するオイルレスベアリングの型は次の通り。

1.Develonベアリング
*Develonベアリングは個体潤滑剤が均等に分布しており、あらゆる方向への動きに使用できる。
*一般的な非鉄ベアリングに比べ熱膨張率が低いので、Develonベアリングは温度変化が少なく、精度が高い。
*焼結ベアリング層:1-1.2mm
*バッキングスチール:KS SS400 / SM45C

2.黒鉛プラグベアリング(Graphite Plugged Bearings)
*潤滑剤なしの高負荷で低速の作動条件に最適。
*許容値(公差)が正確でないか、作業条件が粗い場合に最適
*異物の混入、腐食、化学環境に対する比較的な耐性がある

SGOは、SGOが製造したベアリングのグローバル化に向けたSGOのプロモーションとマーケティングの努力は今後も継続されると述べた。

SGOとSGOのベアリングの詳細は、www.sgoilless.co.kr を参照。

ソース:SGO Co., LTD.

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=356802
(キャプション:オイルレスベアリング製品の写真)
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=356805
(キャプション:会社のロゴ)


オイルレスベアリング製品の写真
会社のロゴ