ファーウェイがキャンパス、データセンター向けの2つの旗艦ソリューションをリリース

AsiaNet 83026 (0288)


【深セン(中国)2020年2月25日PR Newswire=共同通信JBN】
*顧客向けの独自のビジネス価値を創造へ

ファーウェイ(Huawei、華為技術)は25日、同社のIndustrial Digital Transformation Conference(産業デジタル転換カンファレンス)でキャンパス向けのHiCampus、およびデータセンター向けのHiDCの2つの旗艦ソリューションをリリースした。カンファレンスは世界中にライブストリームされた。ファーウェイは5G、オプティカルネットワーキング、インターネットプロトコル(IP)ネットワーキング、および人工知能(AI)テクノロジーにおける主要な優位性により、技術領域全体で共同イノベーションを実行し、技術の進化とビジネス開発を並行してデジタル変革のジャーニーにおける顧客の成功を促進することができる。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200225/2729857-1-a
(写真説明:ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループのバイスプレジデントであるスン・フヨー氏)

ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループのバイスプレジデントであるスン・フヨー氏は以下の通り語った:「デジタル技術は世界を再構築し、すべての職業に利益をもたらしつつある。企業の外部環境がますます複雑かつ予測不能になるにつれ、事業継続マネジメント(BCM)は、すべての企業の長期開発計画における企業戦略の一部となるべきである。企業のICTシステムは、生産ツールおよび主要資産となっているため、BCMに含める必要がある。ファーウェイは、グローバルな5G規格の中核的貢献者であり、グローバルな光ネットワーク業界のリーダーであることに加え、Wi-Fi 6規格のNo.1貢献者であり、クラウド、エッジ、デバイス分野向けのフルスタック、フルシナリオAIソリューションを提供することができる業界唯一のベンダーでもある。当社は5GプラスIP、IPプラス光、IPプラスAIなど、これらのドメイン全体のコアテクノロジーを統合し、ビジネス世界の技術レイアウトを再構築する革新的なソリューションを開発している。ファーウェイは2020年、キャンパス向けのHiCampusとデータセンター向けのHiDCの2つの旗艦ソリューション、および新世代のAirEngine Wi-Fi 6、OceanStor Dorado、OptiXtrans DC908、SmartLi UPSの4つのスター製品を発売する。われわれは、顧客向けの独自のビジネス価値を創造する一方で、高速ネットワーク、インテリジェンス、そしてインテリジェント時代の環境に優しいという顧客のニーズを満たすことを目指している。

▽Huawei HiCampusソリューションが次世代キャンパスネットワークを構築

エンタープライズ・キャンパスネットワークは、劣悪なアクセス体験、高水準のエネルギー消費、サービスイノベーションの遅れなどの課題に直面している。スン・フヨー氏が本日発表したHuawei HiCampusソリューションは、これらの課題に対処するための以下の3つの革新的機能を備えている:

1.ファーウェイは5G RFテクノロジー、マルチシステム・コスケジューリングなどの5Gアルゴリズム、スマートアンテナとソフトウエア定義の無線アクセスネットワーク、および5Gネットワーキングの概念をIP分野に導入している。5GとIPを搭載したファーウェイのAirEngine Wi-Fi 6は、世界最速で最も安定した常時オンの100 Mbit/sのネットワーク体験を提供している。AirEngine Wi-Fi 6は、10 Gbit/sのピークスループットレート、10ミリ秒のレイテンシー、および業界標準を20%上回るカバレッジ半径を特長としている。この高品質で完全に無線のキャンパスネットワークアクセス・ソリューションは、従来の有線および無線キャンパスネットワークアクセスモデルよりも優れている。

2.Campus OptiXネットワークソリューションはIPとPOLアーキテクチャーを介した完全な光キャンパスネットワーク接続を実現する。柔軟な容量、強力なサービス処理、サービス自動化、IPネットワーキングを備えたインテリジェントなO&Mの優位性を共有するだけでなく、省エネ、単純性、高効率の光学技術の有利な機能を統合している。これにより、このソリューションは空港、教育機関、ホテル、オフィスなどのキャンパスシナリオに特に適している。Ovumによる包括的なネットワークソリューション評価によると、ファーウェイのIPとPOLソリューションは、従来のレイヤードスイッチング・キャンパスソリューションよりも大幅に優れている。

3.Huawei Horizon Digital Platformは、キャンパスサービスを従来の単一シナリオインテリジェンスから全体的なキャンパスインテリジェンスにアップグレードする。IMOCおよびNCEは、スマートキャンパス向けのインテリジェントなO&Mソリューションである。インテリジェントかつオープンであり、フルスタックモニタリングが可能である。これにより、リソース使用率が20%、ユーザー体験が15%、O&M効率が30%、それぞれ向上し、障害検知時間を数時間から数分に短縮される。

▽Huawei HiDCソリューションは革新的アーキテクチャー、テクノロジー、メディアを備える

世界のデータ量は、2018年の33 ZBから2025年の180 ZBに増える。この背景の下で、従来のデータシステムは、データ収集、ストレージ、コンピューティング、管理、使用のアーキテクチャー上のボトルネックに直面するだろう。ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループのウィング・キン・レオン最高技術責任者(CTO)は、Huawei HiDCデータセンターソリューションをリリースし、顧客がインテリジェントかつ高性能でグリーンなデータセンターを構築できるよう支援した。このソリューションは、革新的なアーキテクチャー、テクノロジー、メディアを備えており、より高速で効果的なデータのコンバージェンスと共有を可能にする。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200225/2729857-1-b
(写真説明:ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループのウィング・キン・レオンCTO)

1.スリーインワン・アーキテクチャー:最新のAIファブリックインテリジェントでロスレスのデータセンターネットワークソリューションは、革新的なiLosslessアルゴリズムを使用してイーサネット、InfiniBand、ファイバーチャネルネットワークを統合し、サーバーコンピューティング能力を28%、ストレージIOPSを30%、それぞれ向上させる。データセンター相互接続(DCI)ソリューションは、IPと光の相乗効果を使用して、業界の他のベンダーよりも40%高い容量と25%長い伝送距離を提供する。このソリューションは、ネットワークトラフィックとマネジメントコラボレーションによるサービスの市場投入までの時間(TTM)短縮と、総所有コスト(TCO)の30%超削減を実現する。

2.スムーズな進化を実現し、今後10年間でサービス要件を満たすテクノロジー:CloudEngine 16800データセンタースイッチは、業界で最も高密度の400GEポートを活用し、超高速信号伝送、超放熱、効率的な電力供給を提供すると同時に、 ビット当たりの消費電力を50%削減する。DCI製品であるHuawei OptiXtrans DC908は、将来の使用に耐えるSuper C+Lバンドテクノロジーを活用し、波長ごとに800ギガビット/秒、最大220波長をサポートする。また、革新的に簡素化されたハードウエアおよびソフトウエアアーキテクチャーにより、IT技術者たちがより簡単に展開できるようになった。彼らはクラウド時代のエンタープライズデータセンター向けに、ゼロから始めて、超ブロードバンド、超簡素化された相互接続ネットワークを迅速に構築することができる。NetEngine 8000シリーズルーターはSRv6を使用して、帯域幅とレイテンシーに基づいたルート選択を可能にし、さまざまなサービスのSLA要件を満たし、ネットワークプロトコルを削減し、O&Mを簡素化する。それらは世界中に20以上の商業事例がある。

3.鉛からリチウムへのバッテリー革命:データセンターの電源はリチウム時代に入った。従来の鉛蓄電池と比較して、Huawei SmartLi UPSは電子、デジタル、インテリジェント技術をこれまでにない形で統合し、バッテリー寿命を10-15年使用しても十分な充電5000回に改善する。これにより、顧客のTCOが大幅削減され、データセンター電力システムの完全なデジタル管理が実現する。ファーウェイの次世代OceanStor Doradoインテリジェント・オールフラッシュストレージは、業界をリードする2000万のIOPSを達成し、サービスレイテンシーを0.1ミリ秒未満に安定的に維持し、企業のデータの潜在的可能性を引き出す。

ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループは、さまざまな新技術を統合し、新しいコネクティビティー、コンピューティング、プラットフォーム、およびエコシステムを活用してインテリジェントな世界の基盤を構築し、デジタル変革における顧客の成功を促すことにコミットしている。現在、世界の700以上の都市、およびFortune Global 500企業の中で228社(上位100社のうち58社を含む)がデジタル転換のパートナーとしてファーウェイを選択してきた。

Huawei Industrial Digital Transformation Conferenceに関する詳細な情報はhttps://e.huawei.com/topic/mwc2020/en/ を参照。

ソース:Huawei

▽画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=358426
(写真説明:ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループのバイスプレジデントであるスン・フヨー氏)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=358429
(写真説明:ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループのウィング・キン・レオンCTO)

ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループのバイスプレジデントであるスン・フヨー氏
ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループのウィング・キン・レオンCTO