2020年3月27日

株式会社マキタ

世界レベルのバスケットボール選手 八村塁がロボットに変身!
鍛え抜かれた世界レベルの肉体美を披露
新WEB動画「ロボット塁」篇を公開
ラッパーのKEN THE 390の八村塁のオリジナル楽曲使用
マキタ 八村塁×KEN THE 390 特設サイト URL:https://makita8.com/
マキタ公式YouTubeチャンネル「Makita Products」 
URL:https://youtu.be/HfMJA9d1nAs

 株式会社マキタは、2020年3月よりイメージキャラクターに就任した、バスケットボールプレーヤーの八村塁選手を起用したオリジナルコンテンツの第2弾として、新WEB動画「ロボット塁」篇を3月27日AM4時から “マキタ 八村塁×KEN THE 390 特設サイト” ”および、マキタ公式YouTubeチャンネル「Makita Products」で公開します。


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202003268520-O1-39Oos50h

 新WEB動画は、世界的なバスケットボールプレーヤーの八村選手が、マキタの40Vmaxバッテリーを装着し、ロボットとなって超人的な動きを見せるというストーリー。暗闇の中、身長203㎝の八村選手が白煙に紛れてゆっくりと起き上がる(起動する)姿は圧巻。動画の中では新商品である40Vmaxバッテリーの“スピード”“パワー”“粘り”を八村選手がプレーで表現し、最後にはバスケットコート全体に響き渡るほどのボリュームで雄叫びをあげます。
ロボット役でありながら、八村選手の等身大の力強さや存在感が際だったWEB動画です。

ストーリーボード
新WEB動画 「ロボット塁」篇

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202003268520-O7-Zx5K524I

リリック
抜き去る あっちゅうまに ディフェンス
誰も敵わない そのスピード
何度でも圧倒 ギリギリとこで違いでる
その粘り
パワフル 確実 No.1 未だ見たことない
そのパワー
これが次世代 描き出す世界
出たな40VMAX

新たなラインナップ
40VMAX シリーズ
ドライバドリル
ディスクグラインダ
インパクトドライバ
マルノコ
始める 現場でショータイム
全て 高出力 高耐久
Makita

撮影エピソード
◇ダンクシュートからの渾身の「YES!」
八村選手の代名詞でもあるダンクシュートですが、カメラで撮影されながらの慣れない環境に、「どうやって(ダンク)やれば良いんですか?」と、つい、監督に質問。しかし、ダンクシュートをしたことない監督は「僕に聞かないで下さい」と一言漏らし、現場が笑いに包まれました。ダンクシュートを決めた後は、ガッツポーズをしながら、「YES!」と雄叫びをあげるシーンの撮影。カットを重ねるうちに迫力が増し、本当の試合でもこんなに叫ぶ八村選手は見られないと、スタッフ一同も息をのむ瞬間でした。

◇スタッフと一緒になってスモークを仰ぐやさしい一面も
八村選手がバッテリーを装着し、立ち上がるシーンでは雰囲気を出す為にスモークを炊いて撮影しました。しかし、一度出してしまうとなかなか消えないスモーク。そこで、うちわやパネルを使って、スタッフ総出でスモークを仰いでいると、八村選手も自らパネルを持ってスモークの追い出し作業を手伝って下さいました。撮影中も明るく、スタッフにも協力的で終始“神対応”だった八村選手。短い撮影時間の中でスムーズに撮影を行う事ができました。
一方で、撮影合間のインタビューで、「嫌いなものはありますか?」と伺うと、「犬や水が苦手で、実は嫌いなものはたくさんある」と暴露。日本人初のNBAの1巡目指名を受け、今回も超人的な動きを見せるロボットに扮して演技をしていただいた八村選手の意外な一面を垣間見られた瞬間でした。

◇シュールだけどかっこいいグラフィック撮影
今回のWEB撮影では、マキタ製品のグラフィック撮影も同時に行われました。バスケットユニフォームを着た八村選手が、充電式草刈り機や充電式チェーンソーを持ってポーズを決める姿はシュールでありますが、その佇まいはスーパーヒーローを彷彿とさせるようなかっこよさでした。実は、以前のインタビューで、「マキタさんにスポンサーについて頂いたので、おばあちゃんの家のお庭の手伝いを出来たらいいなと思います。」と語っており、このグラフィック撮影は八村選手にとっても良いイメージトレーニングになったのではと思います。

出演者プロフィール
八村塁(ハチムラルイ)
1998年2月8日生まれ 富山県出身 
203cm 102kg

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202003268520-O3-r86B0TWv
奥田中時代にバスケットボールを始め、宮城・明成高校で、全国高校選抜優勝大会3連覇を達成。U-17世界選手権で得点王に輝く。強豪の米ゴンザガ大へ進学し、3年生の2018-19年シーズンは1試合平均19.7点。6.5リバウンドを記録。今年6月、バスケットボールリーグドラフト会議で、1巡目の全体9位で指名された。

KEN THE 390 (ケンザサンキューマル)
1981年6月17日生まれ 
ラッパー、音楽レーベル”DREAM BOY”主宰


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202003268520-O4-2Jrj1JH9
フリースタイルバトルで実績を重ねた後、2006年アルバム「プロローグ」にてデビュー。近年は、テレビ朝日にて放送中のMCバトル番組「フリースタイルダンジョン」へ審査員として出演。
リクルートタウンワークなどのCM、舞台、映像作品への参加。ヒプノシスマイク などジャンルを超えた様々なプロジェクト、アーティストへ楽曲を提供。

■WEB動画 概要

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202003268520-O9-1C3YmSu8

商品概要:40V MAX シリーズ
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202003268520-O5-6advv2k4