【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004068840-O1-71O3H182

AsiaNet 83582 (0543)

【ハノイ(ベトナム)2020年4月6日 PR Newswire=共同通信JBN】ベトナムのスタートアップ企業、Khanh Trinhは差別化されたスポーツ医療製品の折りたたみ式プルアップスタンド(懸垂スタンド)をAmazonで販売することに成功している。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200403/2768572-1
(写真説明:レ・グエン・カイン・チン最高経営責任者(CEO))

Link: https://www.amazon.com/dp/B07H25C9XR

この製品は、2019年の米市場でvbestreviews.comやatopdaily.comといったウェブサイトにおいて最高のプルアップスタンドとしてランクされている。

チン氏が発明したこの製品は4つの課題を解決することに役立つ。それは子どもの身長増進、腰痛の治療と脊柱疾患の予防、フィットネスと健康の増進で、吊り下げ式スイングチェア、エアリアルヨガのハンモックなどにも利用できる。

チン氏は市場を開拓しながら、65カ国で特許登録し、現在は7カ国で特許を取得している。

チン氏はとのようにしてこの製品を作ったのだろうか?

チン氏は15歳のとき、身長を伸ばす目的で水平な木の枝を使って「プルアップ」のトレーニングを始めた。長年にわたって熱心にトレーニングしたことで、チン氏の身長は14センチ伸びた。同氏が銀行員だったときに座り過ぎによって腰痛を発症したが、毎日の「プルアップ」の練習はその緩和にも役立った。

チン氏はプルアップを練習することのメリットを理解するとともに、都市部に住む人々はトレーニングのための優れたプルアップスタンドを入手することが困難なことも分かっていた。そのため、同氏は高品質の製品を作って事業化する決心をした。10年におよぶチン氏の経験を、消費者が望んでいる機能を備えた製品設計に注ぎこんだ。

チン氏は昼間の時間帯には銀行で働いて、設計は夜間に行い、その製品設計は2カ月後に完了した。同氏はサンプル製品を発注し、機械工場から届いた製品の実物は彼の希望通りのものだった。

チン氏はその製品を市場で販売するためにウェブサイトを開設し、広告サイトで宣伝した。同氏に最初の発注があったのは1カ月後のことで、その後は追加発注を受けるようになり、ビジネスは成長した。

2013年、チン氏は自分のビジネスに集中するために銀行を退職した。同氏は短い期間でKhanh Trinhをベトナムにおけるプルアップスタンドの大手ブランドに育てた。

2017年、チン氏はAmazonを通して製品を輸出する決意をした。同氏の製品はすぐに愛され、口コミを通してバイヤーに紹介されていった。

現在、同氏の製品の到達範囲は64カ国の消費者に及ぶ。最大の輸出市場は米国で、平均輸出収入は月間で約5万2000米ドルに上っている。

チン氏は「市場は、特に人々が健康に一層の関心を持つ将来にわたり、拡大を続けると思う。そのため、私はこの製品がさらに新しい市場をカバーするようになって公共の健康に恩恵をもたらした。当社はこの優れた製品を人々に提供することに協力してくれる投資家とパートナーを歓迎する」と述べた。

ソース:Khanh Trinh

添付画像リンク先:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=361404
(写真説明:レ・グエン・カイン・チン最高経営責任者(CEO))

 

レ・グエン・カイン・チン最高経営責任者(CEO)