グローバル企業部門1位にDHL、3位にSAP。大企業部門2位にディスコが選出

2020年4月7日
Great Place to Work® Institute Japan
(株式会社働きがいのある会社研究所)

「働きがいのある会社」に関する調査・分析・支援を行うGreat Place to Work ® Institute(以下、GPTW)は、2020年版 アジア地域における「働きがいのある会社」ランキングを発表いたしました。

2020年版 アジア地域における「働きがいのある会社」ランキング
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004078863-O1-M9p1wq6z

今回の発表で6回目となる本ランキングには、GPTWが展開しているアジアの8カ国合計で、1,300社以上が参加しました。
その中から、グローバル企業部門、大企業部門(500名以上)、中小企業部門(20~499名)の3つの部門で75社が選出されました。
日本でランクインしている企業は、以下の24社が選出されています。

グローバル企業部門
 ※()内は日本でのランクイン企業
 第1位  DHL Express(DHLジャパン)
 第3位  SAP(SAPジャパン)
 第5位  Salesforce(セールスフォース・ドットコム)
 第7位  Stryker(日本ストライカー)
 第8位  MARS(マース ジャパン リミテッド・ロイヤルカナン ジャポン)
 第10位 Daimler Mobility AG(メルセデス・ベンツ・ファイナンス)
 第11位 CI&T(CI&T)
 第14位 Cisco(シスコシステムズ)
 第16位 Adobe(アドビ システムズ)
 第17位 SAS(SAS Institute Japan)

大企業部門(500名以上)
 第2位  ディスコ
 第8位  サイボウズ
 第21位 バリューマネジメント
 第22位 ファイブグループ
 第24位 CKサンエツ

中小企業部門(20~499名)
 第10位 スタメン
 第13位 現場サポート
 第17位 難病の子どもとその家族へ夢を
 第18位 ENERGIZE
 第19位 iYell
 第20位 あつまる
 第22位 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ
 第24位 グロービス
 第25位 オンリーストーリー

※ランキング詳細はこちらをご覧ください
 ⇒ https://www.greatplacetowork.com/best-workplaces-international/best-workplaces-in-asia/2020 

選考基準について
アジア地域における「働きがいのある会社」ランキングは、グローバル企業部門、大企業部門(500名以上)、中小企業部門(20~499名)の3つの部門で発表いたします。
それぞれの選考基準は以下となっております。

グローバル企業部門
・世界各国の「働きがいのある会社」ランキングに3カ国以上ランクイン、かつ、アジア各国の「働きがいのある会社」ランキングに2カ国以上ランクインしている
・全世界で従業員が1,000人以上である
・従業員の少なくとも40%が、会社の本社がある国以外の国で働いている、もしくは、本社がある国以外で5,000人以上の従業員が働いている

大企業部門と中小企業部門
・アジア各国の「働きがいのある会社」ランキングに1カ国以上ランクインしている

「働きがいのある会社」ランキングについて
ランキング参加企業のアンケート結果を点数化し、一定レベルを超えた会社を「働きがいのある会社(ベストカンパニー)」として世界約60ヶ国で発表しています。アンケート項目と評価基準はグローバル共通です。
日本では従業員規模により、大規模部門(1,000人以上)、中規模部門(100-999人)、小規模部門(25-99人)の3カテゴリーに分けて発表しています。

<調査内容>
2020年版ランキングの元となった調査は以下の2つのアンケートで構成されています。配点は、「従業員へのアンケート」が全体の2/3、「会社へのアンケート」が全体の1/3であり、従業員からの声を重視しています。
①従業員へのアンケート(トラストインデックス©)
「経営層への信頼」「仕事や会社への誇り」「従業員同士の連帯感」に関連する58問の選択式設問、および2問の自由記述式設問に、従業員が無記名で回答
②会社へのアンケート(カルチャーオーディット©)
企業文化や会社方針、人事施策など、「働きがい」を高めるための具体的な施策を企業が回答

当機関の概要
Great Place to Work® Institute は、世界約60ヵ国で、「働きがいのある会社」を世界共通の基準で調査・分析し、各国の有力メディアでランキングを発表しています。米国では、1998年より「FORTUNE」を通じて毎年発表されており、「働きがいのある会社」ランキングに名を連ねることが、「一流企業の証」として認められています。日本においては、株式会社働きがいのある会社研究所がGreat Place to Work® Institute よりライセンスを受け、Great Place to Work® Institute Japan(GPTWジャパン)を運営しています。GPTWジャパンでは、「働きがいのある会社」は“働きやすさ”と“やりがい”の両方がかね備わった組織であると考えています。

news_200407_01