2020年4月7日(火)
株式会社ウィスク・イー

 
株式会社ウィスク・イー(東京都千代田区 代表取締役社長 遠山公隆)は、スコットランドのクラフトブルワリー「ブリュードッグ」のリブランディングに伴い、一新されたパッケージデザインの商品を4月下旬より順次発売することをお知らせいたします。
2018年以降、英国クラフトビール市場売上No.1(※)に輝くフラッグシップビール『パンクIPA』を始めとする人気のビールが、味わいはそのままに新たなパッケージデザインで登場します。またこの度、初めてブルワリー名を商品名に冠した自信作『ブリュードッグ ペールエール』が、第2のフラッグシップビールとして新たにラインナップに加わります。
(※ニールセン シンクタンク調べ)

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004068841-O2-fm8w2fzR
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004068841-O3-HCN26Ig1】 

 
■新ブランドコンセプト 『MAVERICK (マーベリック)』
2007年の鮮烈なデビュー以来、パンクの名のもと反逆的なモノづくりとマーケティング活動を行ってきたブリュードッグですが、今では英国だけでなく世界のクラフトビールシーンをリードするブランドにまで成長しました。そして2020年、新たなフェーズを迎えます。業界の常識をひっくり返すビール造りをコンセプトとしていた『REBEL (レブル、反逆の意)』から脱却し、新たな世界を自分たちの手で築き上げる存在になるため、異端児を意味する『MAVERICK (マーベリック)』を新たなブランドコンセプトとして掲げました。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004068841-O4-nlhR88JE

 
■新ブランドロゴ及びパッケージ
  
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004068841-O6-6rSMSnrQ

 
  【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004068841-O5-x8Gkb7Fr

 
パンク IPA
IPAスタイルの名作!英国売上No.1 クラフトビール
創業者ジェームズ・ワットが、世界一のIPA(インディアペールエール)を目指し採算度外視で造りあげた至高のフラッグシップビール。透明感のあるゴールデンカラーに、 ホップ由来のトロピカルやグレープフルーツのアロマが華やかに香ります。香りの印象をそのまま引き継ぐフルーツフレーバーや、キャラメルのようなモルトの甘味、そしてシトラス系のホップビターがバランス良く折り重なり、上品で爽やかな余韻へとつながります。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004068841-O7-f37d452K
・内容量:330ml
・アルコール度数:5.6% 
・希望小売価格:【缶】  380円(税抜)
        【ボトル】400円(税抜)
・切り替え時期:2020年4月下旬頃を予定

 
ブリュードッグ ペールエール【新商品】
元祖「クラフトビール」、米国西海岸の味わい
IPAだけでなく様々なスタイルが乱立する昨今のクラフトビール界に、ブリュードッグが新たに提案する原点的スタイルのペールエール。ホップの聖地、米国西海岸産のホップが生み出す柑橘や松の鮮烈なアロマ、そして爽快な苦味。クラフトビールファンも納得のホッピーテイストですが、アルコール度を抑えた軽快な味わいは、飲み慣れないビギナーにもぴったり。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004068841-O8-ZT9m5IVi
・内容量:330ml
・アルコール度数:4.2%
・希望小売価格:【缶】  326円(税抜)
        【ボトル】340円(税抜)
・切り替え時期:2020年4月下旬頃を予定

※その他ブリュードッグ商品も順次、同スタイルのパッケージに切り替えとなる予定です。
※希望小売価格は販売店様の自主的な価格設定を拘束するものではありません。

 
■ブリュードッグ
2007年、スコットランドにて「青年2人+犬1匹」でスタートしたブルワリー。独自の革新的な製法で造りだされる高品質なビールの数々や、独創的なマーケティング術で多くのビールファンの心を魅了し続け、今や英国 売上No.1クラフトブルワリーへと成長しています。

新パッケージイメージ1
創業者のマーティン・ディッキー氏(左)とジェームズ・ワット氏(右)
新旧ロゴマーク
新ロゴマーク横
新ロゴマーク縦
パンク IPA新パッケージ
ブリュードッグ ペールエール