弊社家具ブランド「Bauhutte(R)(バウヒュッテ)」は、より快適なテレワーク環境を構築するアイテムとして、デスクをすっぽり囲える室内用テント「ぼっちてんと BBT1-130」を提案します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006040539-O11-S893nFqP
 緊急事態宣言の発令に伴い、多くの企業が取り入れたテレワーク。通勤ストレスの軽減などメリットも多く、これを機に平時での導入を検討する企業も増えてきています。一方、実際に在宅勤務を経験した人の中からは、「家ではなかなか集中力が続かない」「家族に話しかけられて頻繁に仕事が中断する」などの声も上がっており、各家庭での環境整備が問題になっています。
 そんな悩みを抱えるテレワーカーから大きな注目を集めているのが、「ぼっちてんと」です。「自宅内のワークスペース確保に重宝している」「子どもにも邪魔されず仕事に集中できる」など、多くの反響をいただいています。

 
< 「ぼっちてんと」とは? >

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006040539-O10-27Fl7XO9
 デスクをすっぽり囲って個室化できる、室内用テントです。周囲との接触を遮断し視界を限定することで、意識をデスクに一点集中。暗室効果もあり、狭く薄暗い空間で落ち着いて作業に取り掛かることができます。天井はファスナー式で大きく開閉でき、左右には目隠し付きのメッシュ窓を配しているので、部屋の照明を取り入れたり、空調の風を送り込んだりすることも可能。不使用時は小さく折りたたんで収納でき、保管場所にも困りません。
 2014年5月に発売し、改良を重ねてきたロングセラーアイテムですが、昨今のテレワーク需要に合致して再び注目を集めることとなりました。全国的に在宅勤務が推奨されるようになった4月には、約3倍(昨年同月比)もの売上を記録し、問い合わせも急増しています。

 
< ぼっちてんとで作るテレワーク環境 >

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006040539-O8-YFqZo7P2
 スマホや趣味の物につい手を伸ばしてしまったり、家族とお喋りしてしまったり…オフィスと比べ自宅ではどうしても気が散ってしまいがち。そこでおすすめしたいのが、ぼっちてんとを用いたテレワーク環境の構築です。部屋のなかにもうひとつ個室を設けるイメージで、テレワーク専用の仕事スペースを確保できます。休憩時間になるまでデスクに巣ごもりし、集中して仕事をこなしましょう。家族には予めタイムテーブルを共有しておき、「ぼっちてんとの中にいる間は話しかけない」などのルールを決めておくと便利です。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006040539-O13-VCV8sC53
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006040539-O5-Qr5G0UE2
< テレワーカー向けお役立ちコンテンツ >
 家具屋として培ってきた快適なデスク環境づくりの知識を活かし、公式サイトにて在宅勤務ハックをまとめたお役立ちコンテンツを公開しています。
 https://www.bauhutte.jp/bauhutte-life/telework-desk-layout/

 
< 製品概要 >
【製品名】ぼっちてんと
【型番・カラー】BBT1-130-BK(ブラック)
【サイズ】幅 約1300mm × 奥行き 約1300mm × 高さ 約1500mm
【価格】オープン価格(税別参考:10,500円)
【URL】https://www.bauhutte.jp/product/bt1_110_130/

 
「Bauhutte(R)(バウヒュッテ)」は、
ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)の自社ブランドです。

 

ぼっちてんとで「巣ごもりデスク」を構築
デスクを囲って集中できるワークスペースを確保
機能まとめ
サイズ
使用イメージ_1
使用イメージ_2
使用イメージ_3
使用イメージ_4
ぼっちてんとを用いたテレワーク環境の構築例
このような「テレワークの困ったあるある」を解決
タイムスケジュールを張り出しておけば、家族も把握しやすい
テレワーカーが複数人いる場合のパーテーションとしても活躍