-DXやニューノーマルの到来で変わる接客応対のリスク管理をAIで支援-

2020年7月10日
三井情報株式会社
株式会社FRONTEO
株式会社ASEFパートナーズ

 三井情報株式会社(本社:東京都港区・代表取締役社長:小日山 功、以下 三井情報)、株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本 正宏、以下FRONTEO)、株式会社ASEFパートナーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:上田 浩司、以下ASEF)は、金融機関を中心に接客応対現場のリスク管理を進める企業に向けAIを活用したコンプライアンス・リスク管理支援サービス(以下 本サービス)の提供を開始しました。

 金融機関では近年、金融行政方針で採択された「顧客本位の業務運営の実現」(※)に向け、接客応対現場のコンプライアンス・リスク管理体制の確立を進めています。しかし、金融機関が実際に行っているコンプライアンス・リスク管理は、接客記録や接客応対を録音した音声データをランダムに抜き出し担当者が確認するサンプルチェックが中心で、対応件数に限りがあるほかブレが発生しやすいという課題がありました。今後DX(デジタルトランスフォーメーション)やニューノーマルの到来に伴う営業スタイルの変化を受け、接客応対の音声データが増大することも予想される中、三井情報、FRONTEO、ASEFの3社は、音声認識システムとAIを活用し、接客応対現場におけるコンプライアンス・リスク管理を支援する本サービスの提供を開始しました。

 本サービスは金融機関の窓口、電話、コールセンターなどで録音された膨大な音声データを音声認識システムでテキスト化し、AIを使用したテキスト解析でコンプライアンス違反のリスクがあるやり取りなどを抽出、解析結果を元にコンサルティング会社がレポート化するところまでをワンストップで提供します。テキスト解析には、優れた自然言語処理技術を持つFRONTEOのAIエンジン「KIBIT®(キビット)」を活用し、音声認識システムと共に三井情報が導入を支援、解析結果のレポート化とコンサルティングはASEFが行います。

 三井情報、FRONTEO、ASEFの3社は、膨大な接客応対の記録を漏れなく瞬時にチェックし、金融機関の実情に沿ったリスク管理の提案としてお届けする本サービスの提供を通じて、金融機関の接客応対現場におけるコンプライアンス・リスク管理体制の確立を支援していきます。

※顧客本位の業務運営に関する原則(出典:金融庁Webサイトhttps://www.fsa.go.jp/news/28/20170330-1/02.pdf
【顧客本位の業務運営に関する方針の策定・公表等】 原則1.金融事業者は、顧客本位の業務運営を実現するための明確な方針を策定・ 公表するとともに、当該方針に係る取組状況を定期的に公表すべきである。当該方針は、より良い業務運営を実現するため、定期的に見直されるべきである。

 
■営業コンプラ支援サービスの概念図      
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007091832-O5-Qke4p0aj

■各種情報の見える化と分析までの一例
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007091832-O6-v5D5eW9g
                                

【関連ページ】
KIBITのご紹介: https://kibit.fronteo.com/

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)はキャッチコピー『ナレッジでつなぐ、未来をつくる』を掲げ、ICTを基軸とした事業戦略パートナーとしてお客様のIT戦略を共に創り、デジタルトランスフォーメーションを支援しています。半世紀にわたり培った技術や知見の結実である“KNOWLEDGE”を活かし、お客様と共に価値を創造する「価値創造企業」として絶え間ない挑戦を続けていきます。
ホームページ: https://www.mki.co.jp/

【株式会社FRONTEOについて】
FRONTEOは、自然言語処理に特化した自社開発AIエンジン「KIBIT®」と「Concept Encoder®」を用いて膨大な量のテキストデータの中から意味のある重要な情報を抽出し、企業のビジネスを支援する、データ解析企業です。2003年8月の創業以来、企業の国際訴訟を支援する「eディスカバリ(電子証拠開示)」や、「デジタルフォレンジック調査」というリーガルテック事業をメインに、日本、米国、韓国、台湾とグローバルに事業を展開してきました。リーガルテック事業で培ったAI技術をもとに、2014年よりライフサイエンス分野、ビジネスインテリジェンス分野へと事業のフィールドを拡大し、AIを用いて「テキストデータを知見に変える」ことで、創薬支援、認知症診断支援、金融・人事・営業支援など、様々な企業の課題解決に貢献しています。2007年6月26日東証マザーズ上場。資本金2,568,651千円(2020年3月31日現在)。
ホームページ: https://www.fronteo.com/

【株式会社ASEFパートナーズについて】
株式会社ASEFパートナーズ(ASEF)は、『時代に挑戦し続ける企業のソリューションパートナー』として、データアナリティクスを用いたリスクマネジメントやデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進により、ニューノーマルな世界でのガバナンスの強化やレジリエンス経営体制の構築を、金融・医薬・通信分野などの幅広い分野でご支援いたします。
ホームページ: https://asefp.com/

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

【本製品サービスに関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社
金融営業本部 金融第二営業部
TEL : 03-6376-1240  E-mail : kibit-sales-dg@mki.co.jp

■各種情報の見える化と分析までの一例
■営業コンプラ支援サービスの概念図