2020年9月25日
株式会社 LIVE BOARD

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営する株式会社フューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海哲史 以下、フューチャースタンダード)とインプレッション(広告視認数)に基づくデジタルOOH ※1 広告販売を行う株式会社LIVE BOARD(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 神内一郎 以下、LIVE BOARD)は、1台のカメラで複数の屋内デジタルOOHの広告視認数を計測する計測モデルを共同開発しました。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009244802-O1-WZ6ZH90s

 

本計測モデルは、物体検知モデルを活用した3次元座標計算による通行者の動線の解析と、3次元顔向き推定アルゴリズムを活用した視認可能な範囲の計測を組み合わせ、通行者の行動・視聴把握をより詳細に行える技術で、複数の屋内デジタルOOHの広告視認数を1台のカメラで計測することが可能となります。  これによりカメラを屋内デジタルOOH1台ごとに設置することなく、より安価かつシームレスにインプレッション計測を行うことができるようになります。

 

●デモ動画:https://youtu.be/UnGCuOjFC_Y

 

【動画:https://www.youtube.com/watch?v=UnGCuOjFC_Y

 

今後、鉄道駅構内や商業施設などの複数の屋内デジタルOOHへの本計測モデルの活用を進めていきます。

フューチャースタンダードとLIVE BOARDは、今後も、本計測モデルを活用して、新たな屋内デジタルOOH市場の拡大に貢献します。

 

 

※社名は五十音順

 

※1 OOHは、交通広告や屋外広告など、家庭以外の場所で接触する広告媒体の総称。デジタルOOHは、交通広告、屋外広告およびリテールショップなどに設置されたデジタルサイネージを活用した広告媒体を指す。

 

※共同リリースのため、重複して配信される場合がございますが、あらかじめご了承ください。

 

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105808/202009244802/_prw_OT1fl_IUer5f7I.png

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105808/202009244802/_prw_OT2fl_dbe1891K.png

 

イメージ_20200925